モテない男がヤリチンになる3つのステップ

モテないと感じていたり、恋愛経験が少ない…とコンプレックスを抱えている男性は、けっこういます。

ただ、それは決して悪いことではなく、むしろ今後はそういう男性ほどヤれる確率が高いということを知っていますか?

今回は、
・モテない男と恋愛経験少なめ男子が即ヤる男になる3ステップ
ということであなたにお伝えしていこうと思います。

この動画をみれば、モテなかったり恋愛経験が少ない男が即効ヤる方法がわかりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

逆にこの方法を知らないと、いつまでも検討違いのことをしてヤれるようにならないので注意が必要です。

ではいきます。

即ヤるために、男性が勘違いしていることが3つあります。

1隠そうとする

2直接口説こうとする

3女性からきてほしいと思っている

この3つですね。

なので、この3つをヤるために変えていく方法を今からお伝えしていきます。

隠そうとする

まずモテないことや恋愛経験が少ないことを隠そうとすることなんですが、なぜ隠そうとするのか?を知る必要があります。

それは
・恋愛経験が豊富な方がいい
と勝手にあなたが感じているからなんですね。

果たして本当にそうなのか?と。

ブスな女性が整形して昔好きだった男に会いに行くという番組があって、でもその女性は昔好きだった男性に告白できなかったんですね。

なぜだかわかりますか?

その女性は「私は私が嫌う人たちと同じ尺度で生きている」というフレーズを言っています。

つまり、ブスだったときに優しくしてくれた男性を好きになったわけですが、きれいになって会いに行くというのはブスのときにひどいことを言ってきた男と同じ尺度、つまり綺麗かどうかで人間の価値を図るという尺度で自分は生きていると気付いてしまったんですね。

つまり、「ブスだと相手にされない」と勝手に決めつけてその価値観のまま綺麗になって男性に勝負をしかけたわけですが、男性はそういう価値観ではないと。

むしろ、そういう価値観ではなくブスのときに普通に話しかけてくれたから好きになったはずなのに、ということで、勝手に自分の中で線引きしていたということですね。

この現象といっしょで、別に恋愛経験が少なかろうがモテなかろうが女性からすれば実はそんなに関係のない話なんですよ。

では、なぜモテない男や恋愛経験が少ない男のほうがヤれないのか?

隠すとなぜヤれないのか?ということですが、それが
・恋愛経験が少ないからと勝手に自分の卑下している姿勢
ですね。

恋愛経験が少なかろうが、モテなかろうが、それを気にしてモジモジしている男性が、女性はしぬほど嫌いです。

まじで嫌いです。

モテない男性は、モテない事実に自分の価値がないと思いこんでるわけですが、現実は逆でそんなどうでもいいことを気にしているその姿勢そのものが嫌われてるわけです。

デブだろうがハゲだろうが、それをウジウジ気にしている辛気臭い姿勢そのものが原因なんですね。

で、じゃあ恋愛経験の少なさやモテないことを隠さずにどういうことを話せばいいのか?というと、それが女性の感情に寄り添うことです。

モテない男や恋愛経験の少ない男は、結局自分にベクトルがむき「自分がどう思われるか」しかフォーカスしません。

そうではなく、女性の感情にフォーカスしてください。

つまり、女性がどう感じるか?どう思っているか?ということを考え、そこに共感していくということです。

「自分は恋愛経験が少ないからどうしよう」ではなく、「この女性は今、なにを考えているんだろう?」という感情にフォーカスするということです。

それだけで、出てくる言葉がまるで違います。

服屋の店員もそうですよね。

バカみたいに「サイズあるんで」とか、本当に俺がサイズあるのかな?と疑問に思って話しかけてんのかと。

もうちょっと、相手がどういうことを考えているのか?踏まえて話せないものかといつも思います。

で、2つ目ですね。

直接口説こうとする

直接言葉にしないとわからないのが男なわけですが、これこそまさにモテない男の典型例です。

例えば、女性が「いいですよ」と言わないと何もできない男ってのはいわばマザコンといっしょなわけです。

許可は求めるのではなく、男のほうがだすもの。

女性の方は責任をとりたがらないので、男側がとるわけですが、その際には直接的に「HOTEL行こうよ」などと行ってはいけません。

というか、まあ、それでもいいのですが、女性を理解するためにはメタ視点というのが重要です。

女性を誘うのは間接的にメタ的に確認というのは、例えばライン。

「これ誘っていいですか?」みたいな相談もよくきますが、女性の行動をみてください。

そもそも女性は好きでもない男性とダラダラとラインは続けないので、ラインを女性の方から積極的に続けているのであればOKですし、それはわざわざ女性は言葉にしません。

なので、言葉ではなく女性の行動をみるべきなんですね。

いわゆる察するというやつです。

モテない男性は、なんでも言語で表現してほしいと思っているわけですが、女性の方から「私にぶちこんで」と言ってくるわけがありません。

なので、OKかどうかは女性の行動で判断しないといけないわけですね。

そして女性を誘うときには、むしろ積極的に断られることを推奨しています。

なぜかというと、女性は一度は断るものだからです。

最初からOKをだすとビッチだと思われるので、そういうものだと思いましょう。

さらに誠実ぶってオファーすると、断るのも気まずいので何回も誘えなくなります。

そのため、女性を誘うときはあえて一度断られることで、「この人は断っても気まずくならない」という体験を女性にさせて、何度でも誘える関係性を築くのが一番手っ取り早いです。

なぜかモテない男性は一球入魂で断られたら世界の終わりみたいに考えるわけですが、実際には一度断られて、2回目3回目で要求が通るというのが普通の流れなので、そういった全体を考えてオファーするようにしましょう。

3つ目は、

女性からきてほしいと思っている

です。

受け身というか、マグロみたいな男性が多いわけですが、女性は基本的に受け身なわけなので、待っていても決して女性の方からくることはないです。

まずなぜ女性の方からきてほしいと思っているのか?ということですが、それは人間関係を勝ち負けだと思っているからです。

ようは、自分が誘って断られたら負けという価値観が男性にあるわけです。

…が、それはようは間接的に
・自分は他の女性にモテていないので君を失ったら困る
という表現になってしまっています。

難しいところなんですが、女性にモテないことを気にしていないのはOKなんですが、こういう執着というか女性に気持ちを入れ込むというか、同じフェーズで勝負しようとする男性を女性は嫌うので、「誘って断られようがどうでもいい」というスタンスが重要です。

また、例えば相手の家や自分の家に行くなど、メタ的にどう考えても親密な場合であれば、それはもう直接性交渉しましょう。

女性の方から痴女的に襲われて…というのはエロ漫画だけです。

まあ実際にもなくはないですが、それを期待するというのは、非モテの発想なので、積極的に自分からアプローチするのが基本です。

女性は責任をとるのが本当に嫌なので、全部の責任は俺!というスタンスで接するようにしましょう。

これも重要なポイントですが、責任は俺!といっても、実際になにもリスクはないので安心してください。

よく「女性に断られるのがこわい」という人がいますが、そういう人はリスクをノートにかいてみてください。

一瞬、ちょっと傷つくぐらいではないでしょうか。

可視化するとわかりますが、そこまでのリスクではないですよ。

以上の3つが、モテない男性や恋愛経験の少ない男性が即ヤれるようになる3ステップになります。

まとめ

まとめると
・モテないことをいちいち気にするな
・女性に言語で許可を求めるな
・責任は男がとれ

という話です。

それでは!