with(ウィズ)でセフレを見つける技術

メンタリストDaiGo監修のアプリwith(ウィズ)ヤってみました。

率直な感想としては、ペアーズに似てますね。

最近はマッチングアプリの王道といったイメージのペアーズですが、それに伴い参入者も増えています。

ということは、ライバルもそれなりに強い。

その点withはライバルが弱いので、初心者でも非常に出会いやすいアプリといえそうです。

それとDaiGo監修なので、占いなどで相性の良い相手を探してくれる!的なものに惹かれて登録する女性も多いです。

ただ、これはやはりキッカケにすぎず基本的にヤることはどのアプリでも変わりません。



エロい女を見つけるために、フリーワード検索



いきなりダイレクトなんですけど、セフレを作るためにはエロい女を見つけるのが一番です。

そこでwithにはフリーワード検索があるので、「甘えたがり」とか「かまってちゃん」とか「お酒」とか「受け身」とか「優柔不断」とか「尽くす」とか「自信がない」とか「ヤリモク」とか、そんな感じのフレーズで出てきた女性は結構イけます。

ぽっちゃりなんかは100%いけると思いますけど、それはどうなんでしょうね。笑

withの企画なんかでも色々とマッチングする仕組みがありますけど、基本的にはフリーワード検索で攻めるのが一番楽です。



甘えたがりの女性にイってみた結果…



早速ですが、「甘えたがり」とプロフィールに記述している女性にイってみました。






「甘えるの好きですか?」⇨「じゃあ、甘えてみて」という流れは唐突すぎるわけですが、実際に本人のプロフにかいてある場合はスムーズです。

「お、このままイけるか!?」と思っていたら… 






まさかのポチャ宣言!

まあ、これで分かったようにぽっちゃりはイケます。

イきたい人はイきましょう。

かまってちゃんとか寂しがりとか、そういうのは面倒なので私は嫌いですが、最初のうちは攻めてもいいかもしれませんね。



気の合う女性にイクのが一番



私自身は、すごくメッセージが面倒でとにかく電話で話して、それからだ!ってタイプです。

そういったことをプロフにかいておけば、それっぽい女性がきます。

そういうものです。笑

あなたがこのサイトにきたのも、ここまで読んでいるのも、何となく私と気が合うからでしょう。笑

というわけで、「メッセージよりも電話派」という文言をプロフィールに入れると、電話派の女性がきます。






電話をする方向で話を進めつつ、女性のプロフに肉の写真があったのでそれを指摘しつつ、住んでいる場所を聞きます。

電話して会う方向でいってますね。






これは失敗。

基本的に文字量=女性の熱量なので、女性の文字量が多いところでオファーするべきなんですけど、「まあイケるだろ」と謎の自信で食事に誘ってしまいました。

会話がとっちらかって、唐突にオファーしている印象。

まあ、女性の方が代替案で「電話してから」と言っているので、セーフって感じでしょうか。






アプリ内でのメッセージ⇨電話⇨アポという段階をふむイメージは非常に大切。

さらに、「5分喋りましょう」というような細かく段階をふむことが重要です。

徐々にじりじり相手に詰め寄るようなイメージですね。

アプリに登録している時点で潜在的には男性との出会いを求めているわけですが、女性は「段階を踏んだ」という事実を作りたいわけです。

「会おうよ」「うん!」とはそうはいかんざき!ってことですね。






今調べたら、「そうはいかんざき!」ってもう15年くらい前なんですね。笑

若い子は知らないでしょう。

この女性の中で「そうはいかんざき!」を出さないためにも、段階を踏みましょう。

「5分だけなら」「ちょっとお茶だけ」「先っぽだけ…」となるわけです。



プロフィールはパクれ!







自己紹介文ですが、DaiGoの自動作成の文を使っても良いですけど、それよりも「モテる自己紹介文を見る」で人気会員のプロフィールを見ることが出来ます。

よって、それをパクればいいんですね。

自分自身に当てはめて、文言を変えるだけです。

例文なんかだと被ってしまうので、それよりも人気会員のプロフを自分に置き換えてしまうのが、手っ取り早いです。

例えば…

===ここから

はじめまして、(名前)と申します。

(地名)出身で、現在は(地名)に住んでおります。

休日は基本的に(地名)に出て行き友人と食事や飲み会をすることが多いです。

アクティブなことが好きなので、誘われたら結構ホイホイ行きます。笑

ネットで調べて、気になるお店を新規開拓するのも好きです。

仕事は、(具体的な内容)って感じの職種です。

大変なこともありますけど、自分自身いくつになっても成長できる!と前向きに楽しくやってます。

お互いはもちろん、周りの人を大切にできる方と出会えたら嬉しいです。

周囲からは、優しいと言われることが多いです。

が、言いたいことははっきりと言うこともあります。

まずは、気軽にメッセージからよろしくお願いします。

===ここまで

こんな感じですかね。笑

人気会員は何人も見れるので、パクれそうな文章からパクればいいと思います。



好みカードからセフレを探す



withには、好みカードというものがあります。

まあ、コミュニティってことですね。






例えば、「家でまったりデート」だとか「寝るの大好き」だとか、もう何でもアリです。笑

「家でまったりしましょう笑」とやんわり誘ってもいいですし、LINE交換OK!みたいな好みカードであれば、すぐLINE交換を打診してもいいでしょう。

定額制なのになぜLINE交換を打診するのか?というと、段階を踏ませるためです。

アプリでのやりとりよりも、LINEでのやりとりの方が親密ですからね。

そうやって、距離感を縮めていくわけです。

モテない男は唐突に誘って嫌われるわけですけど、モテる男というのは何かと女性の情報を絡めてジリジリ詰め寄ります。

好みカードというのは、with運営側が男女の距離感を縮めるために考えたシステムなので、これを利用しない手はないでしょう。

「飲み友が欲しい!」なんかのコミュニティから、自分の地域に絞れるのでそこからセフレ候補を探したり、自分自身の趣味に合わせて女性を探すことが可能なわけです。



まとめ



いかがでしょうか?

withでセフレを探すイメージはできましたか?

フリーワード検索か、好みカードで探すのがwithでは手っ取り早いです。

もちろん「登録が新しい順」「ログインが新しい順」でも構いません。

結局、自分に合う女性が見つかればなんでもいいという。笑

足あとからたどるのもアリですし。

ペアーズに比べると、まだ参入者も少ないので狙い目のアプリではありますね。

また追記して行きます、それでは!



出会い系で出会えない3つの真実

「一番ヤれるアプリは何ですか?」という質問をよくされます。

現状、私の実感だと一番ヤれるアプリはハッピーメールです。

割り切りが多いので、そこから素人の女性に向けて普通のメッセージをすれば100%出会えます。