30代男は、セフレはどうやって作るべきなのか?

30代になった男の正しいセフレの作り方は、意外とあまり知られていません。

20代の若さと勢いで押せた時期も終わり、かといって「おじさん」というには若い。

そんな微妙なお年頃の30代、なにより私がそうなのでw

今日は
・30代男のセフレはどうやって作るべきなのか?
正しいセフレ構築術をあなたに伝授しようと思います。

これを読めば、迷わずエロいことができるようになるでしょう。


30代男のセフレ作り


間違ったセフレへのスタンスは、最悪女に刺される

30代になると、それなりに「重さ」が出てきます。

結婚であるとか、お金であるとか、健康であるとか…つまり「セックス」ということにおいて、気軽ではなくなってくるのです。

一般的にはw

そして逆に、そういった執着から解放された途端に、「セックス」は「遊び」に変わるのです。

あなたにとってセックスは真面目なモノですか?遊びですか?

セフレを作ろうとする時には、「重さ」をなくさないといけません。

なぜなら、
・愛し合って誠実な態度でセックスをする
なんて男は、セフレを作ることができないからです。

無理です。

だから、快楽主義でヤりまくるぞ!というノリでなくてはなりません。

それが30代男の正しいセフレ作りのスタンスです。

こういったことを理解せずにセフレを作ろとすると、最悪刺されます。

マジです。

なぜなら、変に色恋みたいなうすっぺらい愛なんか出すからです。

では具体的にセフレはどうやって作るか?というよりも探すか…ということなのですが、これには2種類ヤり方がありますね。

・日常の中から、こっそりヤる
・日常の外に出て、獲物を探す

日々の生活の中でセフレになるように教育していくか、セフレを求めている女を探しに出るか、の二択です。


親切心を身に着け、しれっとヤる


日常の中で、女の心の隙間に入ってみる

まず普段の生活の中でセフレを探す方法ですけど、これはシンプルですが強力な手です。

単純接触効果というのがありますけど、人間は身近で接触回数が多ければ自然に親密になっていきます。

職場の女性とかもそうですね。

で、利用可能性ヒューリスティックと言いますけど、「何か~がしたいな」と思った時に、人間は身近にある人の顔が浮かぶのです。

つまりどういうことか?

単純接触回数を重ね、さらに「セックスしたいな」と女性が感じた時に真っ先にあなたの顔が浮かぶようにしておくということです。

女性に親切にしておいてください。

「オラオラした方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、日常の出会いでセックスに持ち込む際には親切にしておいた方が無難です。

リスクヘッジにもなりますからね。

職場でオラオラしてホテル行けなかったら、どうなります?ずっと気まずくなるか、最悪セクハラとか言われかねないですからね。


これが日常に潜むセックス方程式や!

普段のコミュニケーション×キッカケです。

いかがでしょう?

普段の会話からセックスを仕込んでおくためには、なにも「チンポチンポ」言っとけ!という単純な話ではなく、相手のそれなりに深い話なんかも聞いておくのです。

つまり、他の男性とする会話のレベルよりも深くしておくということが重要なんです。

なぜなら、女性にとって男性との会話は前戯みたいなもんだからです。

共感性が高い女性は、本当に「私のこと理解してるな、この男」と思った瞬間い濡れるモノ。

つまり、「私のこと理解してるな、この男…ハァハァ」となるわけです。

まあ実際にハァハァするかどうかはしないんですけど、潜在意識ではそうなります。

で、直接「ヤりてー!」とはならないんですけど、ふとした時に「あの人何してんのかな」みたいな存在になるということです。

それが重要で。

恋人とかになるのではなく、なんとなく寂しいなあと思った時にあなたの顔やチンポが浮かぶ…というのが重要なんですよ。

そのために、日ごろから種まきしておき、すきを見て種をぶちこみます。


女性の心を理解し、あなたという選択肢を用意する


女性の頭をGoogleに例えましょう。

で、「休み、どこに行く?」とか検索したら「そういえばあの人がなんか言ってたな」みたいにあなたの存在が常にちらつけばOK。

こういった状態にするためには、女性に色々と喋らせる必要があります。

例えば女性が「~に行きたいんだよね」と言ったら、「へえ、俺も行きたいと思ってたんだよね、あそこって~でしょ」みたいに会話を展開します。

注意点があるんですけど、決して「一緒に行こうよ」とか誘わないこと。

そうではなく、「行こうと思ってた」という意思表示だけすることです。

目的は女性の頭の中にあなたの存在を植え付けることなので。

こういった作業をしていくと、徐々にチャンスが生まれてくるものです。

人間はバイオリズムがあるので、よく言われているのは失恋したばかりの女性はオチやすいとかですね、こういった時を狙います。

多くの男は最初からセックスを狙いに行きますけど、身近にいる女性をセフレにする場合はセックスを狙うのではなく、いかにセックスするような機会を多くつくるか?ということに重きをおいてください。

日常の中で接する女性にあせりは禁物です。


コミュニケーションがとれていれば、あとはキッカケだけ


女性の頭の中であなたの存在が大きくなれば、あとはキッカケさえあれば二人であったり、セックスすることができます。

女性は直接的に「ヤりてー」とか思わないので、そのためにお膳立てするのが男の役割なわけですけど、女性を注意深く観察してさも「今思った」かのように演出するのです。

「あ、そういえばこの前言っていたあそこ行くんだけど、行く?」みたいな。

そういったキッカケで職場の女性をしれっと誘い、流れでなんとなくヤっちゃって、結果的にセフレみたいになっちゃった…よくある話ですよね。

実際に女性に彼氏が出来てセフレ関係に終わりが訪れて、でもまた彼氏と別れてヤっちゃって…みたいな感じになります。

そんな物語、くさるほどありますよ。

ある意味、セフレって彼氏よりも大事な存在なんですね。


不特定多数と会いまくる


不特定多数と会いまくり、短期決戦でホテルへ連れ込む

うって変わって、日常の中でセフレとなる女性が見つからない場合は、日常の外からターゲットを引っ張ってきます。

さきほどのヤり方は、徐々にセックスへのボルテージを高めるヤり方ですが、こちらは真逆。

とにかく「セックスしたい」という女性を片っ端から集めていきます。

「いやいや、そんな欲求不満の女性なんています?」と思うかもしれませんが、結論から言うと出会い系アプリにいます。

もちろん、ストリートナンパや街コン、キャバクラなんかで探してもいいんですけど、効率が悪いです。

出会い系アプリであればそもそも「出会いたい」という女性が登録しており、さらに従来の出会い系アプリであれば「訳あり」な女性が多いのでオススメです。

フェイスブック連動型のマッチングアプリだと、婚活目的な女性が多いので、その反動で従来の出会い系にエロい人妻やなんとなくパパ活している女子大生なんかが流れ込んできています。

狙うべきは、そういう暇つぶしでアプリに登録している女性です。

彼女たちは性欲も強く、「婚活するぞ!良い男見つけるぞ!」みたいな強い意思もなく、なんとなくでアプリに登録しているので非常にヤりやすいです。

こういった女性不特定数に会いまくり、日常とは出会わない人たちとひと時のセックスを楽しむのです。

これは現代における、もっとも楽しい遊びのひとつといってもいいでしょう。

その際に注意なのは、さきほどの日常におけるセフレ教育は長期戦なのに比べ、こちらのアプリは短期戦ということです。

女性の方もかなりの人数の男からのアプローチがくるため、のろのろとヤりとりしていたら他の男にとられてしまいます。

というか、女性から「おせえな」と思われます。

なので、アプリなんかの出会いであれば1週間~3週間ぐらいで必ず一度会いましょう。

使う戦術が真逆なんですね。


女性の本音を喋らせろ!


よくアプリで会った女性にいきなり「オナニーしてる?」とか聞くのですが、これがなぜできるのか?というと
・日常にその女性は関係ないから
なんですねw

だって身近な女性にそういうことをいきなり聞くの、なんか嫌じゃないですか。

でも会ったばかりで「もう会うかどうかわからない」出会い系の女性には、そういうフレーズをぶちこめるわけです。

もちろん、実際に直接会って和やかなムードの時ですよ。

メッセージの段階で聞くと変態扱いされ、会えなくなるので。

人っていうのは仮面をかぶって生活しているので、普通に思ったことを喋れる人間というのは貴重なんです。

だからおおっぴらに言えないようなことも、出会ったばかりの利害関係のない女性に言うと意外と一気に仲良くなれたりします。

フルチン戦略ですね。

いきなり心のチンコ出しちゃう。

それが気持ち良いわけですよ。

女性も出会いを求めてアプリに登録してるわけですから、実際には「オナニーは週に何回かしてる」みたいに答えてくれます。

そこから、手を絡めて「ヤろうよ」とストレートに言っちゃうのもいいんじゃないですか。

ははは!

共通の知人がいない状態だと、男も女も大胆になります。

よく海外に行って性格が変わる…なんていう話がありますけど、それは自分と関係する人間が一気に変わるからなんですね。

そういうことであれば、出会い系アプリで出会う男女も一緒。

2人だけの関係なので、大胆にイけるわけです。


よくあるセフレ構築における3つの過ち


「セフレなんかできないよ…」と諦めているフニャチンどもが多いよう
ですが、あきらかにセフレ作りにおける間違った思考が原因です。

その間違った思考を正すことで、セフレはできます。

普通に週刊誌なんかでかかれている「さも常識かと思われる」記事は、ライターが適当にかいたりしてるので、あまり信用しない方がいいですね。


ターゲットがズレている


例えば職場の女性をひたすら飲みに誘うなど、明らかにターゲットがズレている場合です。

セフレを作りたいのであれば、
・女性を欲求不満にさせる(長期)
・欲求不満の女性を探す(短期)
の2つしかありません。

普通の女性に対して飲みに誘っても、それは単にうざいだけです。

そういった女性には親切にしておき、スキを見つけたら誘うか…ぐらい気長に待たないと。

あるいは会話で心の深くまで話させ、「もっとこの人と話したい!」と思わせるかです。

ほとんどの男性は身近にいる「その気でもない」女性を無理矢理口説こうとしますよね。

それは難しいです。

そういうことをしようと思っている時点で、負けてます。

というのも、女性は「コイツうぜえな、はい無理」とシャッターを下すからです。

だから例えば職場の女性、行きつけのトレーニングジムの女性、自分の生活圏内にいる女性に対しては親切にしておき、長期戦のつもりで臨みましょう。

で、アプリなんかで欲求不満の女性を見つけたら、そういった女性に対しては今度はちゃんと飲みに行くなりなんなり誘うのです。

そういった女性にずっと親切にしても、意味がありません。

そもそも関係性が薄いので、親切にする機会もなく記憶にも残らず無視されるのがオチでしょう。

SMクラブで鞭で叩かれに来たのに、ずっと頭撫でられてるみたいな。

違うか。

日常で出会う女性に対しては優しく、アプリなんかで会ったら即誘う、ターゲットによって変えましょう。

本当にあるのが、身近な女性をひたすら誘うパターンと、酒の席で会った女性にひたすら誠実さをアピールするパターン。

どちらもターゲットが違います。


口説こうとしている


そもそも、女性を口説く必要はありません。

口説くとは自分の思い通りにことを運ぼうとすることですが、その前に勝負はついています。

「ホテル行こうよ」と言った時に、女性はOKだったらくるし、NGだったらこないのです。

言い方の問題ではない。

女性に好印象をもってもらうためにこちらから誘導する必要はありますが、それは口説くことではないのです。

「映画観にいこうよ」と男が言っても、その前の会話で楽しかったら「いいかも」と思うしその前の会話がつまらなかったら「どうやって断ろうかな、面倒だな」と女性は思うのです。

そんなもんです。

だから口説こうとせずに、女性を楽しませることにフォーカスしてください。

それができるようになれば、誘った時に良い返事がくるかただ照れるか。

どちらにせよ、イケます。


誘えない


相手の返答が怖くて誘えない…という失敗パターンもよくありますよね。

でもこれは結局、
・結果が出るのがこわい
ということです。

で、この時点でダメだと思うのですが、白黒はっきりさせるのではなくノリで誘うことが重要です。

ビジネスとは違い、人との関係は曖昧なもの。

だからなるべく女性の方に断りやすいようなオファーをして、曖昧さを許容してあげるのです。

デートに誘おうとして「うーん、その日は…」みたいなことを女性が言うのであれば「じゃあ、気が向いたらね」みたいにテキトーに言っておくのです。

そうやってなんとなくな約束にしておけば、行きたい場合は向こうから言っていますし、何度でも誘えます。

それを「その日はいける?いけない?また何時までに連絡して!」となるとウザくなるのです。

ヤリチンは風のような男でなくてはなりません。

OKだろうがNGだろうが、気にしない。

女性の気持ちはすぐ変わる、断りやすいようなオファーをした方が結果としてヤれるということを、ヤリチンは体感覚で知っているからそういったスタンスになっているんですね。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

30代になると、なかなか身近での出会いは少なくなります。

さらに身近な人を口説いたりして気まずくなったり、面倒な人間関係に巻き込まれたり…。

そんなことは起こしたくはないですよね。

なので、身近な女性をセフレにしたい場合は何よりも深いコミュニケーションを心掛け、キッカケを作って流れでセックスしてください。

逆に出会い系アプリなんかを使って不特定多数とヤりまくるという場合は、短期でサクっといく。

これが大人のヤり方です。

特に今の出会い系アプリは男のライバルが弱く、普通に登録すればヤれる状態ですからね。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す