店員をナンパする方法!職業別アプローチ法

「あの店にいる看板娘と、なんとかして仲良くなれないだろうか?というか、ヤりたい…」

そう思ったこと、あると思います。

では、どうやってナンパすればいいのか?この記事を読むことで
・正しい店員ナンパ法
がわかります。

「迷わずイける」状態になるわけですね。


店員をナンパする方法とは?


まず一番ヤってはいけないのが、
・出会って速攻で好意を伝えてラインを聞こうとする&誘う
です。

あなたがマイケル富岡だったらイけるかもしれませんが、通常はやめておいた方がいいでしょう。

なぜなら、女性はいきなり男性をルックスで好きになることは稀ですし、なにより周りの目や「初っ端からついていって軽いと思われないかな」と心のどこかで不安を抱えています。

そのため、最短でも3回はお店に通うようにしましょう。


まずはメリットとリスクとの把握


店員を狙う際のメリットとして、「相手が逃げない」ということが挙げられます。

これは当たり前のように思えますが、ナンパをしている者からすればありがたい状況です。

言い換えれば「強制的に会話が始められる状態」ということなので、それをいいことに横柄な態度をとる…というのは論外ですが、「客の方が立場が上だから強引に誘っても構わない」という勘違いメンズは結構います。

店員にいきなりタメ口だったり、細かい所作でその「人に序列をつける態度」というのは出てしまうので、最新の注意を払わなければいけません。

つまり「相手が逃げない」というのはメリットでもありますが、デメリットにもなりえるのです。


失敗するリスク


失敗するとどうなるか?というと、気まずくなってお店に行けなくなります。

ただし、これもアプローチの問題で、徐々に距離を詰めて「YES」か「NO」を迫らなければOKです。

「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、できます。

モテない男性はまるでプロポーズをするかのように「LINE教えてください!」と迫るのですが、これはNG。

相手も断りずらいですし、女性の立場になって考えるとわかりますけど、好きでもない男が職場も知っていて連絡先を聞いてきたら怖いでしょう。

嫌い、普通、好きと3つの感情に分類できますが、そもそも嫌いは論外ですが、「普通」の状態だった時にも、真面目に迫られると人は逃げたくなるものです。

なので、気軽にむしろ相手が断りやすいように誘うのがポイントになります。

具体的に言えば、
「あと1年ぐらい通ったら、LINE教えてよ」
と先延ばしにしてしまうのです。

これで細かい「YES」をとっておき、その後に相手の反応を見ながら機会をうかがいます。

細かくジャブを打っていくのです。

さて、ここからさらに具体的な話に入っていきますよ。


店員ナンパ3ステップ


店員をナンパするのは、基本的に3ステップがあります。

まず自分の存在を認知させる第一フェーズ。

そして距離を縮める第二フェーズ。

最後に、LINE交換、食事などに誘う第三フェーズです。

このようにフェーズ分けすることで、自分がどのようなことをすればいいのか明確に認識することができますので覚えておきましょう。


認知フェーズ


まず女性に自分自身の存在を認識させるフェーズですが、おそろしいことに女性は初見で男を「アリ」か「ナシ」かで判断しています。

なので、まずあなたの存在を認知させる際に気を付けるべきは「ナシ」にならないことです。

気になる店員さんがいる場合は、ある程度身だしなみに気を付けていくべきでしょう。

ただし、例えば近所のコンビニの場合、キングカズじゃあるまいし、いつもスーツでパリっときめるぜ!とはなりません。

そういった場合は、たまにちゃんとした格好で行ったりして、ギャップを作っていかなくてはなりません。

いつも上下スウェットだと、店員ナンパの確率は著しく下がると思ってください。

下手したらニートだと思われます。笑

なのでまず認知フェーズでは、女性で出来る限り「ナシ」と思われないような格好をする…ということが最重要課題です。

それと、姿勢が悪い男が非常に多いです。

猫背は自信がなさそうにみえるので、必ず姿勢は良くしてください。

姿勢を良くするだけで、その他大勢の男たちから抜きんでた存在になることが可能になるので。

インスタントですけど、姿勢を良くするというテクニックは便利ですよ。


イントークフェーズ


まずは「忙しいですか?」などのべたなフレーズで話しかけます。

基本的に業務的な会話しかしてこない女性の場合、世間話をふる時点で認知フェーズから「うすい知り合い」ぐらいに格上げです。

店員ナンパは複数回通って距離を縮めるものなので、例えば次も「忙しいかどうか」というフレーズは使えるわけですね。


メリットの提示

例えば女性が美容師の場合は、「指名したいんですけど」みたいな相手のメリットになるようなことを最初からぶちこみます。

そうすると、女性はメリットがあるのでこちらに気を遣うようになるわけですね。

ただし、居酒屋の店員やコンビニ店員には通じません。

なので、そこで今度は手法を変えます。


ユニークさの提示

居酒屋であれば変なメニューを頼んだり、コンビニ店員だったら変なものを買う。

これで無言だったら変人で終わりますが、そこに一言付け加えて笑わせます。

例えばうまいぼう10個買うとか。

で、「いや、友達の誕生日プレゼントで」とか適当なことを言って、とりあえず地味に笑わせます。

小笑いぐらいでしょうけど、十分です。

これは要は「私はユニークなことも言えますよ」ということのアピールなので、ここで関係性を薄いですが構築できるわけですね。

「うまい棒どうでした?」ぐらい店員が次に会った時に行ってくるようであればかなり脈ありですが、そうじゃない場合も、例えば普通に水を買って「今日はうまい棒は買わないです」など、以前の会話とつなげて女性とトークしていきます。

このように、
・この人と喋ることが当たり前
ということに持っていけるかどうか?が店員ナンパのカギになります。


名刺を渡すのは効果的か?

場合によっては、名刺を渡すのもいいでしょう。

しかしこれは、最後の切り札的にとっておくのがオススメです。

特に社会的な地位が高ければ高いほど、それをひけらかすアプローチというのは意外に女性受けはよくありません。

銀座のコリドー街とかだったら、いいかもしれないですが。笑

なので仲良くなって⇒名刺であればいいですが、仲良くないうちに速攻で名刺…というのは控えましょう。

もしそれでも名刺を渡したい場合は、「わたくしこういう者です」と、あえてビジネスっぽい感じを出してボケましょう。

ユニークな感じで渡すということですね。


クロージングフェーズ


さきほどもいいましたが、ラインの交換などは思い切り迫らないのがポイントです。

「ラインしようよ、俺がビッグになったら」みたいな冗談か何なのかよくわからないフレーズで、相手の反応をみていきます。

「ビッグって、下半身のこと?」と返してくれる女だったらいいですけど、そんなはずもなく、たいていはちょっと笑うくらいです。

またライン交換や食事に誘う際、周りの人の目もあるので、そういったことも気にしないといけません。

それは「恥ずかしいから」とかではなく、笑 女性も店員としての立場があるからです。


二人だけの秘密作戦でイく

要は「仕事中だから」ということですね。

仕事中にナンパされてホイホイついていく女だと職場の同僚に思われたら、嫌でしょう。

なので、こっそり女性を誘いましょう。

そのためには、何か二人だけに分かる隠語まで作れたら最高ですね。

例えば彼女が「彼氏が欲しい」と言っていたと。

であれば、「探しに行こう」と行って外に連れ出すわけですね。

「今日この後、探しに行く?」みたいな。

それは彼女とあなただけの会話であり、周りからすればよくわからないでしょう。

こういったトークはかなり使えます。

ラインも「男紹介するから教えて」でOKです。

実際に交換したら男紹介せず、「俺がきたよ」でいけますので。


どの職業がヤれるのか?


ではどの職業が一番いいのか?気になる人も多いでしょう。

・休みが不定期で、異性が少ない職業
が一番いいです。

しかしこれは実は理想論であり、実際に私がヤったことのある店員を列挙した方がイメージがわくと思います。

・居酒屋店員
・美容師
・カラオケ
・アパレル
・ファミレス
・看護師
・マッサージ
・ジム

どの職業がヤれるのか?というより、自分自身はどの職業にアプローチできるのか?と考えた方が現実的ですね。

自分自身の生活圏内にアプローチできる女の子はいますか?また、いるとしたらどんなアプローチをするか?再考する必要があります。

さらに生活圏内であれば、何度でもチェレンジできるわけですから、アプローチの方法も曖昧にして
・何度でもイける
という風にもっていくべきです。

たとえば「上手い棒の新作出たら、ラインして」といって自分のラインのIDを書いた紙を渡します。

そうすれば、次に会った時に彼女がラインをしない言い訳ができるのです。

「上手い棒の新作出た?」とまた再チャレンジできますね。

それを、「LINEのIDかいたから、絶対ラインしてね!」だと重すぎて気まずくなるのです。

大切なのは「いかに断りやすくオファーするか」です。

相手が断る前提でオファーすることで、気遣いができる男に思われるので、覚えておきましょう。


職業別アプローチ法


さて、ここからは職業別のアプローチ手法を解説していきます。

どれも基本は一緒ですが、細かい部分で参考にしてください。


美容師


美容師の場合は職場内恋愛も禁止されていたり、土日も働いており接客業で心理的負荷も高いです。

そのため、こちらが上手に愚痴を聞けるような関係になるのがベスト。

また「指名する」というメリットなんかもあるので、ラインは聞きやすいです。

指名したいんで、連絡先いいですか?と聞けば無下にはできないでしょう。

ただそこで勘違いして攻めすぎるとウザいので、徐々に距離をつめてく必要はありますが。

女性が動くには必ず理由が必要になりますので、仮に美容師の女性のラインを聞いたとしても、実際に会った時に「~に行きます?」みたいな話をして、ラインで「~曜日どうですか?」とつめていくイメージでいきましょう。


マッサージの店員


密室であれば、体もふれるしかなり距離は縮まります。

そのため、思い切った相談などをして反応をみてみましょう。

人間は自己開示をされると、それに呼応して自分も自己開示するという性質があります。

なので、初対面でも密室になれば「~で悩んでるんですけど」みたいにいきなり悩み相談をして、距離を強制的に詰めてしまうのです。

実際に体もふれていることから、「この後、話の続きとかきいてくれます?」という展開にも応じやすいです。

あるいは「次も指名したいんで」とラインを聞くこともでいますね。

どちらにしても、他の店員がいない密室であれば距離を縮めるのは、他の職業よりも容易でしょう。


ジムのスタッフ


トレーニング機器の説明なんかを聞きながら、筋トレなどについて相談するフリをして仲良くなりましょう。笑

「痩せたら、飲み行ってください」みたいな、トレーニングを絡めた誘い方が効果的です。

また筋トレはテストステロンという男性ホルモンが出るので、筋トレ女子もエロい女が多いです。

仲良くなったら、「俺の下半身もパンプアップしました」とか言ってみてもいいかもしれないですね。(冗談です)


ファミレスやコンビニ店員


ユニークなものを頼む…というアプローチが有効。

また通いやすいので、頻度多めで距離をつめる作戦もいいでしょう。

コンビニやファミレスはバイトの子が多いので、プロ意識も低い可能性が高いです。

そのため、「仕事大変?」みたいな話からプライベートの話までするようになったら、ラインを聞いてみましょう。

ただし、接客業なので他のお客さんや店員もいる中でのアプローチは、スピーディーに行うこと。

さっと話してさっと引く…というスタンスで。

たまに長々話す男がいるのですが、あれは他のお客さんに迷惑になるし、女の子もあまり長く話されると「空気読めない男だな」とダメ男の烙印を押されてしまいます。

「もうちょっと話してもよかったのに」と女の子に思われるぐらいのバランスが、いいですね。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す