【超実践的】40代男性がモテる方法

風俗嬢にも嫌われて…

40代になり女にモテなくなり、風俗へ行けば本番すら拒否られチンコしゃぶってもらうだけ…なんて悲しすぎる。

かといってパパ活するのもなあ…やっぱり素人とヤりたいですよね。

ぶっちゃけ、いくつになってもモテたいわけです。

金銭のやりとりが発生するドライで利害関係のある関係ではなく、いくつになっても単純に男として若い女とヤりたい…そう思うのは当然です。

前回までのあらすじ
40代男性が20代女性を口説くために必要な7つの力


いま、40代男性がモテる!


年齢が離れている=非日常

熟年離婚なんて言葉が浸透しましたけど、現在はいくつになっても現役!という恋愛時代。

結婚の意味が希薄になってくると、同時に何人もの異性と付き合う恋愛強者と全く恋愛などに縁がない恋愛弱者との差は開く一方です。

つまり年齢とかではなく、20代の男でもモテなければヤれないし、40代男性でもこれから記事にかくことを実践さえすればモテる…という平等な時代に突入しているのです。

これはチャンスです。

年齢によって線引きする…という価値観自体が古くなってますからね。

価値観も多様化する現在において、「年齢が離れている」ということは強みにすらなります。

若い女性には、「年齢が離れている男」というだけで非日常、レアキャラなのです。

もちろん、その辺にいる中年太りでハァハァいってるおじさんじゃない、ということが前提ですが…。


モテる40代男のファッション


ジャストサイズで、生活感をなくせ!

モテる服装を考えた時に、必ず出てくるキーワードは「清潔感」です。

では清潔感とはなにか?

それは生活感がないということであり、例えば白シャツの襟にソースがついていたらダメでしょう。

まあそこまで極端ではないかもしれませんが、シャツがよれよれだったりね。

さらにサイズはジャストサイズ一択で。

ぴちぴちだったり、オーバーサイズはNGです。

もちろんあえてビッグシルエットにしたりするのは流行ってますけど、ほとんどの人は人はなんとなくシルエットが野暮ったいだけです。


こんな感じのシルエットで、しゅっとした印象をもたせましょう。

あきらかにヤれる側のおじさんですよね。


シルエットが野暮ったく、色も多く使いすぎると途端にヤれなくなります。

基本はジャストサイズでモノトーンを基調にして、生活感をなくすことを心がけましょう。

それと、パンツはクッションを出さない方がいいです。

高いものを買えばお洒落だろ!みたいな人も多いですが、本当に大切なのはサイズ感なので、ユニクロなどでも十分モテる服装は構築できます。

さらに流行りに乗りたいのであれば、GUやZARAなんかで揃えていくのがオススメですね。

モテる服装については下記で結論が出ているので、参考にしてみてください。

ロンハー私服1グランプリからわかる、女ウケのいい服装とは?


40代は体臭ケアに本気を出せ


臭い=恋愛市場における死

体臭はそれだけで、ヤれないと思ってください。

「あ、この人くさい」と思われた時点で即死なのです。

加齢臭を気にするあまり、思わずチン毛を全剃りするぞ!くらいの気合いが必要です。

ちなみに私はワキ毛を脱毛しています。

外回りの営業の時にワキの匂いが気になり、剃ったところ匂いがなくなったので脱毛しました。

さらに、口で呼吸すると乾燥して口臭が発生しやすくなるため、極力鼻で呼吸をすることも大切です。

あとは女性と会う前にガムを食べて、唾液を出すとかで口臭は防ぐことができます。

わき毛やちん毛も匂いの元になるため、短くカットすることをオススメします。

ヒゲトリマーなんかは、3000円くらいで買えますからね。


ヒゲも整えて、わき毛とちん毛も整えましょう。

脇が臭い場合は、女性に会う前にはシャワーを浴びたり、場合によっては替えの服も用意する必要があるでしょう。

ケアしても時間がたつことで臭くなることはあると思うので、常に気にすることが大切です。

「俺くさくね?」と常に疑心暗鬼になると危ないですが、無頓着すぎるのも考えものです。

しかし、あまりに自身のワキの匂いに無関心な人が多いので、かいておきます。

ワキが甘いんですよ。

それでは女性とヤれません。


モテる会話とは


「俺おじさんだから…」とか言うな

よくセフレの女性から聞くのは、自身をおじさんおじさん言う男が多いということ。

例えばですが、普通のおじさんが「俺もおじさんだから…」と言ったらどうでしょうか?「みりゃわかるわ!」となりますよね。

じゃあ見た目が若いおじさんが同じことを言ったらどうでしょう?

「そんなことないですよー」って言われたい気持ちが丸見えで、それもまた気持ち悪い。

普通のおじさんだろうと、見た目が若いおじさんだろうと、どちらから言っても良い方向にはいきません。

40代になるとどうしても「若い子口説いていいのかな?」と不安になりますが、女性が二人きりで会うのであればそれはOKということだし、NGであれば二人きりでは会いません。

聞かずに、女性の行動をみるようにすると男としての強さが出ます。

そこを普通の男は早く答えが知りたい!自分自身は大丈夫なのか?セックスできるのが知りたい!と思うあまり弱気な発言をして、女性にフォローさせようとするのです。

そういった下心は女性はガンガン見抜いてくるため、まず言わない方がいいでしょう。

詐欺師に「詐欺ですか?」と聞いても「はい、あなたを騙そうとしています」とは言いませんよね。

それといっしょで「俺はどうですか?」と聞いて「はい、ダメです」と言う女性はいないのです。

「俺ってどうかな?君にとっていけるかな?」と心配な気持ちはぐっとこらえて、「ヤる」前提でいくのがモテる会話となります。


聞き役に徹するのは当たり前だが、女性の深い部分を理解しているか?


聞き役になれ!みたいな話はききますが、40代以降に求められるのは男としての余裕です。

「ヤりたい、ヤりたい」とチンコ重視の男たちを一線を画すためには、女性の深い部分まで汲み取る気持ちが大切です。

そうすることで、子宮の奥まで突くことができるのです。

多くの男たちが浅いのです。

「わかる」「そうだよね」みたいな同調でそれっぽくするのはそうなんですけど、その一歩先を踏み込みましょう。

例えば女性の仕事の愚痴を聞くにしても、適当に相槌をうちながら、
・なぜこの女性はそう思うのか?
・何がつらいのか?
・周りにどう思われようとしているのか?
・何がほしいのか?

とにかく目の前の女性に目を向けるのです。

その女性よりも女性のことを理解すれば、他の男とは違う雰囲気になります。

「この人は私のことを誰よりも分かってる!」と潜在意識に刷り込むことができれば、モテるのは想像に難しくないでしょう。

しかしここでの注意点は、コンサルみたいに問題解決に向かわないことです。

「だったら、こうすればいいじゃん」とか解決策を提示するのはやめましょう。

あくまで感情に寄り添いながら、それとなく思っているだけでいいのです。

「こうすりゃいいのになー」とか思っても、それを直接言うのではなく、心で思いながらぼーっと聞くのです。笑

旦那が浮気しているか悩んでいるセフレの人妻の話を聞きながら、「お前もだろ!」だとか「いい探偵紹介しようか?」みたいなことは言ってはいけません。

彼女は旦那が浮気しているのを実は楽しんでいるかもしれないし、だから私も他の男とヤってもいいと自己正当化したいのかもしれないし、ただぐだぐだ喋りたいだけなのかもしれないし、とにかく目の前の女性を見極めて話を聞くのです。

それが必ず「男の深み」につながります。


40代のメンタル


40代になると、奉仕の気持ちが生まれる

さきほど男の余裕が必要と言いましたが、余裕とはつまり
・1時間クンニできるか?
という話です。

「はやく挿れたい!」という気持ちよりも、奉仕。

若いころは勢いで挿入したとしても、モテる40代は慌てずクンニです。

そしてブスにも優しく、とにかく女性を喜ばせるぞ!というおおらかなマインドが重要なのです。

20代のヤリチンが「ブスはしね!」とか言ってもいいですが、40代のヤリチンはそんな過激な発言はできません。

「ブスには挿入せずクンニだな」というのが40代の正解。

他人に優しいというのは、余裕があるということです。


モテへの第一歩は、ブスなセフレをつくることから


現時点でセフレのいない人は、ブスでもなんでもいいからセフレを一人つくることが重要です。

なぜか?

やはり男というのは女をみると余計な力が入ってしまい、パフォーマンスが発揮できなくなります。

そこでブスでも何でもいいからセックスできる女を一人つくっておくことで、自分が変えるマンコをつくっておくのです。

そうすることで、余裕が生まれリラックスして美人と喋ることができるようになるからです。

ブスなセフレが3人もいれば、もうそれはハーレムです。

ハーレムの王ですから、女性も気圧されずに話すことが可能になるでしょう。

また女性に奉仕している!という自覚が、優し気なオーラを醸し出すのです。

だからブスの女性を1時間クンニして喜ばすことができれば、それはモテへの第一歩なのです。

自分の欲望ではなく、女性を喜ばすということにフォーカスしましょう。

自分の会社の利益しか考えていない経営者と、人類の幸せを考えている経営者…後者の方がいいですよね。

といっても上っ面の口だけ野郎にならないように、女性の幸せを願いながら美人に挿入することも忘れずに、地に足ついたセックス戦略は必須ですが。

「女性を喜ばせたい!」とか言いながらシコってるだけじゃあ、何も起こりません。

精子がどぴゅっと出るだけです。


どこで女性と出会うか?


最も効率的に女性と出会うには?

40代でセフレがいる男は、自身のライフスタイルに合わせて女性と出会っているようです。

しかしそうは言っても、「自分の生活の中には女っ気がない」という人が大半なのではないでしょうか。

相席居酒屋とかはなあ…かといって店員さんに声をかけるのも気が引ける、会社内の女性にはリスクがあるし…となんだかんだ数を打てないのが現状です。

そうなると、ネットの力を使うしかありません。

セフレンズがオススメしているのは出会い系アプリです。

アプリであればスキマ時間を使って、「出会いたい!」と思っている女性と出会うことができます。

フェイスブックと連動しているマッチングアプリは真面目に婚活している女性がいるので、そうではなく昔ながらの出会い系アプリがオススメです。

昔は出会い系アプリしかなかったので、援助交際みたいな女しかいなかったのですが、今はマッチングアプリが普及したことで普通にエロいことしたい欲望をもった女も流れてきています。

では女性はなぜマッチングアプリではなく出会い系アプリに登録しているのか?

それは目的が婚活じゃないからですね笑

まあ、婚活であればマッチングアプリに登録すればいいわけですが、あえて出会い系アプリに登録する女性というのは、人妻やセフレを探しているむっつりエロの女性と思って間違いなしです。

日常生活に出会いがあればそれで問題ないですが、そうでなければアプリは必ずヤることをオススメします。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す