婚活に疲れた男の5つの戦術!結論、ヤりまくれ

私の知り合いで「婚活に疲れた」と嘆く男がいる。

最近、日本でもそういった婚活に嫌気がして、でも「結婚しなきゃ…」と頑張っているペニスたちが多いと聞く。

結婚できないのであれば、ヤリチンになって、そこから結婚すればいい…というと「ふざけるな!俺はチンコを挿入したいのではなく結婚したいんだ!」と怒るだろうか?

でもちょっと、聞いてほしい、ヤリチンの話も。

大体ね、セフレの一人も作れないようじゃ結婚できないですよ。

だから本来はセフレを3人ぐらい作って、そこから結婚というのが俺は正しいと思うんですよね。


婚活に疲れた男はなぜ結婚したいのか?


常識に踊らされてないか?

「周りが結婚したから、なんとなく」これが結婚したい理由なんじゃないのかな?と感じる。

ネットで「婚活 疲れた」なんて検索してもほとんどポジショントークで、うるさいよと。

俺の場合は両親をみて、どうしても結婚したいとは思えなかった。

別に普通の夫婦なんだろうけど、昔ながらの。

でも愛し合っているか?と言うと微妙だし、だからといって離婚するほどでもない…大体母親は専業主婦だから金銭的なこともあるだろうし、父親だって母親がいなかったら何もできなそうだし。

「それこそお互い補って良い夫婦なのでは?」と思うかもしれないが、そばで見ている俺からするとどうしても結婚が良いとは思えない。


結婚したいから女を探すのか?

またまたそもそも論だが、結婚したいから人を探すのか?

よく金持ち男と結婚した女を批判する男がいるが、それは抽象的に考えると「条件で判断している」行為を批判していると感じる。

つまり「年収はいくら以上で」「顔はイケメンで」みたいな、人間性を排除して本人を見ず、条件で決めていると。

そんなわけないだろうと。笑

そんな条件で人を判断できたら苦労はしない。

とっかかりは金や見た目かもしれないが、最後は人だ。

特に結婚なんかはそうでしょう。

結婚したいから女を探すって、そもそもおかしくないか?

「こいつとなら結婚してもいいかな」と思ったら、結婚するもので。

でもあなたは「そんなのお前の綺麗事だろう?俺はなんとしても結婚したいんだよ」と思うかもしれない。

であるなら、方法は2つしかない。

・女性と会う回数を増やす
・自分の質を上げる


この2つだ。

日本には必ずあなたと「結婚したい!」という人がいるだろう。

だから血眼で探す。

と同時に、男としての質をあげよりマッチングしやすい男になると。

俺は結婚という制度に懐疑的だし、別にする必要もないと思っている。

だがしかし、男の婚活ということについてはかなり客観的に冷めた目でみれるのだ。

だから他人の婚活をみていて、客観的にアドバイスができる。

次からは5つの具体的な戦術をあなたにお伝えしようと思います。

これを知れば、いずれ結婚できるでしょう。


戦略的に期間を決めて離れてみる


力みすぎ、客観性の無さが負ける原因

物事が上手くいかない時には、いっそのことその場から離れることが重要だ。

しかし、ただ離れるとなると不安になる。

だから期間を決めるといい。

3カ月なのか、半年なのか、1年なのか。

俺は1年ぐらい婚活しない時があってもいいと思うね。

意外とスッキリするはずだ。

「あー1年も婚活から解放されるんだ」みたいな、じゃあそのまま婚活しなけりゃいいんじゃね?みたいな。笑

そしてその離れる期間は、出来れば新しいことを始めてみましょう。

めちゃくちゃ風俗イクとかね。

冗談のように聞こえるかもしれませんが、何が別のことに夢中になることで価値観が変わるし、物事をみるフィルターが変わる。

そしてそれが、女性との会話にも現れます。

時間的に距離をとることで自分を客観的にみることができるし、なにより余計な力みがなくなる。

「明日も婚活パーティーだ」と思うと入り込むし緊張する…しかし「来年から婚活か」となると、まあテキトーになるわけ。笑

そして意外とうまくいくのは、テキトーにやった時だったりする。

脱力がキーワード。

3カ月でもいいが、とにかく婚活から距離をおく。

そうすることで、自分の世界が変わります。

そして自分が変われば、他人の反応も変わる。

ダイエットするでもいいし、何でもいい。


出会えない原因を改善する


婚活がうまくいかないのはなぜ?

これはずばり3つあって、
・条件が合わない
・見た目
・会話

の3つ。

まず年収を気にする女性はどうしてもいるため、そういった条件でふるいにかけられて落とされるというのはどうしても婚活だと発生する。

特に婚活では「若さ」に価値があるので、若い女性であればあるほど高望みするし、こういった条件も厳しくなるだろう。

なので嘘をついたり、(オススメしないですが笑)その女性に見合った条件になるように年収を上げるなど、ここが原因で女性とマッチしていない場合はかなり努力を要することになる。

しかし実際には女性も現実を知ったりして、そこまで無茶な条件で男を精査してくることはないように思う。

例えば、ただの45歳の中年太りのおじさんが22歳のアイドルみたいな女子大生を嫁にしたい!と思ったら婚活では無理でしょう。

条件で落とされます。

であるなら、直接ナンパするとかにしないと。

だからある程度の条件で出会うわけですが、そこには均等に相手が割り振られるわけです。


大体は見た目と会話がやばい


ブスがきて殺意

見た目が野暮な感じだったり、会話が独りよがりだったりすると婚活は上手くいきません。

というよりも、女性全般うまくいきません。

考えてみると分かると思いますが、変なブスな女がきてずーっと自分の話ばかりして、「どう?私は?」みたいな感じで見てきたら殺したくなると思います。

それで断ったら「あなた見る目がないわね」とか、逆に「婚活むいてないのかなあ…」とかヘコんでてもイラっとします。

女はある程度、顔が重要ですからね。

その逆に考えてみると、男はそれなりに見た目を気にするべきだし、会話も自分本位にならないように気を配るべきです。

なにもイケメンじゃないとダメ!と言っているわけではなく、髪の毛整えて鼻毛でないようにしてサイズの合った服を着て、会話では相手の気持ちに配慮しましょう…というごくごく普通の範囲の話です。

しかしこれすら出来ていない男が大半ですから。

学生時代に女性経験がほとんどない…というのが原因に挙げられますが、そこは本を読んだりこういったセフレンズのような良質なセフレ作りのノウハウで学んで改善していくことは可能なわけです。笑

やったりましょう。


結婚までたどり着かない原因を改善する


下唇を出す癖が絶妙に気持ち悪かった男

俺の知り合いで、無意識に下唇をとがらせるという癖をもった男がいます。

本人は頑張って女性を口説くのですが、どうにも上手くいかないと。

その原因は、その無意識の癖にありました。

絶妙に気持ち悪いんですよ、その癖が。

あと、こっそり自分のワキを触ってにおい嗅いだりとか。

全部女性にバレてます。

まあそれを俺が指摘してから、彼は女性と付き合えるようになったそうですけど、普通はそういった無意識の癖を他人は教えてくれません。

デートしに行って、男がこっそり自分のワキ触って匂い嗅いでたらそれだけで女性は冷めるでしょう。

意外とこういうの、あるんですよ。

だから見た目も気を付けた、会話も気を付けてる、女性も最初は乗り気だったのに付き合うまではいけない…なんでだろう?と思う方は、自分ではわからない「何か」がネックになっています。

身近にアドバイスをくれる友達がいればいいですが、いない場合はコンサルしてもらうか、自分が相手からどう見られているのか?細かくチェックする必要があるでしょうね。


諦める


執着を手放すと、意外と好転する

モテることを諦めると、モテ始めるってよくある話で。

これ、表現が難しいんですけど「本当に諦める」とは微妙に違うんですよ。

オススメなのは3つぐらい目標持って、そのうちのひとつを婚活にするとか。

で、婚活以外の2つを本気で追うと。

婚活は一旦諦める、あるいは忘れる。笑

そうして寝かすと、良い感じで女性にモテてくるようになったりする…というのは本当に色んなとこで話ききますね。

無駄な執着を手放すってことなんでしょうけど、これが意識してやるのは難しい。

だから他の目標で上書きするというか、誤魔化して、そのうちに本当に婚活のこと忘れますから。

俺がオススメなのは、婚活とは違う形で女性と出会うこと。

キャバクラに行ったり、アプリで女性とヤったりとかですね。

「結婚を前提に」って、男女間においてめちゃくちゃ重いですからね。

そんな角度ばっかりの出会いを繰り返すと、それは悲壮感漂ってきますよ。

だから、一旦違う角度で女性に出会ってみると。


ヤりまくる


ヤりまくれば、婚活もうまくいく

結局ですね、婚活に疲れるって、「モテない」からだと思うんですよ。

モテてている男で婚活疲れてる男います?

いないでしょ。

「出会いがなくて」みたいな困った風なことをいうモテる独身貴族みたいな男って、別に言ってるだけで本気で悩んでいるわけではない。

アプリなどを使って、女性とヤりまくってみる。

婚活のことは一旦忘れる。

そしてセフレなんかができたり、彼女が出来たりするでしょう。

すると、「女ってこんな感じなんだな」と分かってきます。

例えば出会い系アプリで、子供もいるアラサーの人妻なんかとヤっちゃたりするわけですよ。

結婚しているのにそれじゃ飽き足らず、他の男のチンコ入れてるってどうなのかな?とも思うわけですけど、そこには言葉では表現できない物語があるわけです。

ただ気持ち良いわけじゃなく。

そういった、自分自身が人妻とセックスしてどう感じたのか?人間って何なのか?みたいなことを考えて、男としての深みが出てくるわけですね。

…で、アプリでヤれるようになると、婚活とかどうでもよくなってくると思うんですよ。

だから、ヤりまくれと。

婚活に疲れたら、原因を探って改善したり、一旦離れてみるのもいいけど、なんだかんだ俺はアプリでヤりまくって女性を知る!というのが一番だと。

以上です。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す