ペアーズでうまくいかない男は、共通点があった

ペアーズ攻略における3分割法とは?

「ペアーズに登録したけど、うまくいかない!」と思っている男が多いようです。

「まずは敵を倒すのであれば自分を知ることだよ」的なことを孫子も言っていたような気がするので、俺もその言葉に全面的に同意です。

どう上手くいかないのか?ここをまずは明らかにしなければいけません。

出会いの段階を序盤(いいねされる段階)中盤(メッセージの段階)終盤(会ってからの展開)に分けて考えましょう。

まず「いいね」されていないのであれば序盤を考えるべきだし、メッセージで下手うっているなら中盤、会ってうまくいかないなら終盤と段階を踏んでステップアップしていくのが定石です。


ペアーズでうまくいかない男の特徴


問題がわかれば、解決したも同然だ

「今あなたが抱えている問題の原因がわかれば、それはもう解決したようなものだ」的なことをアインシュタインと同じレベルの偉人が言っていたような気がします。

なので俺も、その言葉に全面的に同意です。

まずは出会いを3つのフェーズに分解して考えることが重要で、その上で自分がどの段階でつまづいているのかを認識しましょう。


ゆるふわ系になるな

ゆるくふんわり考えても、ろくな結果になりません。

まず自分がどんな状況なのかを客観的に把握し、適切に対処していくことがペアーズでうまくいく秘訣です。

そのために大切なことは、
・ひとつの問題に全力を尽くす
ということです。

まずマッチングが少ないと感じるのであれば、マッチングを増やすことに注力します。

ここで「メッセージも工夫しよう」「会った時の会話はどうしよう?」などと、中盤と終盤のことは考えなくていいのです。

ひとつずつ解決していくという姿勢が重要になります。

人間はそんなに器用じゃないです、ひとつずつクリアしていきましょう。

うまくいかない人の特徴として「あれもこれもしすぎる完璧主義」という特徴があります。

結局はコツコツやっていく亀が、女のアソコに亀の頭をぶちこむことができるのです。

うさぎではなく、亀になり亀頭をぶちこみましょう。


【序盤】いいねがつかない


まず最初の難関は、「いいねがつかない」ということです。

写真がなかったり、自己紹介文がないのは論外です。

しかし写真を撮って自己紹介文をしっかりとかいているつもりでも、なぜかマッチングしない…ということは起こりえます。

なぜそういうことが起こるのか?

答えは至極簡単で、女性のニーズとマッチしていないから…というのが答えになります。

そして女性のニーズというのは女性じゃないとわからないのか?というとそうではなくて、客観的に自分をみればおのずとみえてくるものなのです。

「どうやって客観的に自分のことなんてみりゃいいのさ!?」とキレられても困るので、教えます。

それは、他の男性会員の写真をみましょう。


他の男性会員のプロフをチェックせよ



ペアーズでは、自己紹介文の編集から他の男性会員の写真を見ることができます。

そしてそこに表示されるのは主に100いいねを超えている、いわばペアーズの性交者たち。

いってみればネットのリア充。

おおいに参考にしてやりましょう。

人間は他人のことであれば客観的にみることができますから、ニタニタしながら批判しましょう。

「自撮り多くて気持ち悪くない?」
「靴が趣味なのはわかるけど、そんな何枚も載せられてもうざい…」
「アクティブなのはわかるけど、ちょっとインテリジェンスな感じの写真も欲しいよね」
など、自分のことは棚に上げて言いたい放題です。

そしてその刃を、自身にも向けましょう。

人間は弱いもので、人のことはあーだこーだ言うくせに、自分のことになると途端に弁護し始めます。

だからここで大切なのは、
・いかに他人をみるように自分をみるか?ナイフを突き刺すか?
ということです。

自己プロデュース能力が高い人は、自分の嫌な部分も客観的にみることができるんですね。

ある意味では、自分をネタにできるというか。

MAKIHIKA “ケイスケホンダ ” 予告篇


こういう風に、自身をネタにできたら最強ですね。


写真がおかしい


まず自撮りや顔アップはやめましょう

基本ですが、自撮りはあまりよくないです。

ファッションスナップっぽい自撮りはいいんですけど、これもねー、要は女性がどう感じるかなんですよ。

「俺という人間を知ってもらうために、自撮りしまっせ、パシャッ」って印象が女性に伝わればいいんですけど、自撮りってどうしてもナルシストな感じが出ちゃうので。

あるいは、友達いない感じというか。

俺は個人的には友達なんかいなくていいと思うんですけど、やはりペアーズではこういったベタな明るさみたいなのが最初の写真で求められる部分もあるので。

いっぱいある写真のうちの1つだけ自撮りとかであれば、許容範囲ですけどね。

また顔のアップも印象が悪いです。

もうちょっとひけよと。


動物とかおばあちゃん使うのもあざとい

それと最近はペット使ったり、おばあちゃん使ったりする手法もありますね。

これも別に本当にその写真が良いと思ったのであればそれはそれでいいんですけど、あざとさがどうしても透けてしまうので、下心があるのであれば載せない方が無難です。

知り合いのチワワ借りたり、親孝行な写真をあえて載せたり、そういった小細工はしない方がいいですね。


無理に笑顔を作るんじゃねえ

人間って不思議なもので、作り笑いだとバレるんですよ。

だから、自然な笑いが一番なんですけどそれを写真にするのが難しいw

知り合いに写真を撮りまくってもらって、「お、なんか雰囲気いいじゃん」というものを選びましょう。

無理にイケてる感じを演出するのではなく、自然な写真を何枚もとって雰囲気が良いのを選んでいく…という作業が大事です。


スーツの写真を1枚入れとけ

女性はギャップに弱いといいますが、私服の写真を入れたらスーツの写真もいれておきましょう。

さっき「あざとくいくんじゃねえ」と言いましたが、スーツの写真はあざとくてOKですw

振れ幅が重要なんで。

この「ヤる時はヤるぜ?」というのを写真から示しておくのもいいねをもらう秘訣です。

スーツ持ってない人は、オフィスカジュアル的な格好でもOK。

スラックスにジャケット、ノーネクタイにシャツに革靴的な。

余談ですが、人って服装によって内面も変わるので、普段カジュアルな格好が多い人はたまにスーツとか着るといいですよ。

ちょっと気持ちが真面目になるのでね。


プロフィール写真に女性は何を求めているのか?


「いかにナチュラルに見せるか?」というのがペアーズのプロフィール写真のポイントなんですが、それは安心感を女性は求めているからなんですね。

「どんな人なのかな?」と思った時に、人柄がまったくわからなかったら不安じゃないですか。

なので、出来る限り自然体の姿をみて安心したいわけです。

と同時に、恋の予感も感じたい。

だからかっこいい姿もみたいわけですよ。

わがままですけど、そういったことを意識するとマッチング率は飛躍的に上がります。

マッチングするかどうかは、ほとんど写真ですからねw

なので安心感+恋の予感…この2つがキーワードです。

まあ車運転して、助手席から横顔とってもらうのもベタですけど、アリです。

なんとなく想像するじゃないですか。


自己紹介文がおかしい


写真が良ければ、自己紹介文は無難なものにしよう

写真の次に大事なのは自己紹介文です。

さて、写真が良い場合、基本的には自己紹介文はおかしくなければいいねされます。

おかしいというのは、「ん?これは…ちょっとなあ…」と女性が感じてしまう文章です。

そしてペアーズには、自己紹介文の編集から「例文を使う」という機能があるので、これで使えば超無難な文章の出来上がりです。

マッチングすることを目的とするのであれば、とりあえずこの例文から自己紹介文を構成するのもアリでしょう。

もっと凝りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。

【ペアーズ】女ウケする自己紹介テンプレート


自己紹介文の基本は、自分と似た人をおびきよせること


自己紹介の文章って人柄が出ます。

で、似たような属性の人が集まってくるんですよね。

だから愚痴のような文章をかけば愚痴るような人が集まってくるし、明るい文章であれば明るい人が集まってくる。

だからセフレを作りたいのに、「真剣に婚活してます」とか「親戚の子どもが好きで、俺も最近はそういうこと意識してます」みたいなことをかくと結果的に需要と供給がマッチしなくなるのでやめましょう。

かといって「セフレ募集」とはかけないので、「気軽に飲みに行ける友達なんかできたらいいなーと思ってます」というマイルドな感じでかきましょう。

そうすれば、間違っても婚活している女性は寄ってこないはずです。

自己紹介文はこのように、女性をフィルタリングするという意味もあるので、写真でよせて自己紹介文で絞るという認識でもよいです。


【中盤】メッセージがミスっている


先ほどの図を見ればわかると思うのですが、マッチングの壁を乗り越えたら次はメッセージです。

「ひとつずつ乗り越える」というマインドセットをもっていけば、メッセージの壁は簡単に乗り越えていけるでしょう。

なぜならペアーズのようなマッチングアプリは、お互いが「いいね」という同意のもとにメッセージのやりとりができるからです。

つまり、この段階にくればあとは
・下手なことをしない
ということが重要になります。

簡単にいえば、相手に「会ってもいいかも」とちょっとでも思わせればいいのです。

ここで力み過ぎて、惚れさせようみたいなことを思うとたいてい失敗するので気を付けましょう。

メッセージで失敗する人は同じパターンで失敗しています。

それでは、メッセージでうまくいかない理由を列挙していきます。


相手に考えさせてしまっている


まずは、女性は自分自身が責任を負うことを極端に嫌います。

「こんにちはー」みたいな短文の何がいけないかというと、女性に考えさせてしまっているということです。

「え、なにこれ、私が話題をふれっていうこと?」と女性は考えてしまい、責任を負うのが嫌なので返信をためらいます。

そうこうしている間に他の男のメッセージがきてしまい、あなたのメッセージが埋もれてしまう…というのはよくある話。

女性にはなるべく考えさせないように質問をしたり、男が全面的に責任を負うというようなスタンスのメッセージが望ましいです。

ボケるにしても、シュールすぎるとどう返していいかわからないじゃないですか。

だから、わかりやすいようなボケをする必要があるんですね、女性には。

まあそもそもメッセージの段階ではあまりボケない方がいいです。

「最近筋トレ始めたけど、さぼりそうだから~さんに何曜日行くって宣言しますね!笑」的なこの程度の角度でOK。

それを変にウケを狙おうとすると「どう返せばいいの?つっこんでほしいの?」と女性が戸惑ってしまいます。

そのように、女性が悩んでしまうようなメッセージはやめましょう。

そのためには女性の返信も予想しながら、メッセージを組み立てると下手なことをしなくてすみます。

メッセージを送る前に「このメッセージを送ったら女性はどういう反応をするかな?」と考えてからおくるような癖をつけましょう。


真面目過ぎる


またメッセージは、真面目過ぎるとただの尋問になります。

「趣味は何ですか?」みたいな質問って、めちゃくちゃ答えづらいわけですよ。

「趣味は何ですか?ってお見合いみたいな質問w」みたいにボカして聞くのがいいですね。

この辺のさじ加減なのですが、要は真面目過ぎないくだけた感じをだすということです。

真面目な人は、真面目にふざけるということを追求しましょう。

ややこしいですが。笑

ユーモアを身につけたい方は、ジャルジャルのチャンネルをみましょう。

ジャルジャルのネタのタネ『小野寺へ謝罪する奴』【JARUJARUTOWER】


夢を諦めて劇団を辞めて働く男が面接中に叫ぶという…このシュール感、たまらないですよね。

最後らへんもうおかしくなってますからw

笑いとは裏切りなので、予想したこととは違う思いもよらない方向にいくのが面白いのですが、それはそういう理屈で理解するとして、なによりこのジャルジャルの空気感を感じてください。

結局、自分が面白いことできるのって、空気感ですから。

いくら面白いことを理屈で理解しても、体感覚でわかってないとダメなんですよ。


気持ち悪い


メッセージで、実は人間性が一番出るんですよ。笑

例えば「どこ住んでるの?」みたいな質問。

それに女性が答えて男が「~なんだ、遠いね、まあ距離は関係ないか」みたいなね。

ちょっと気持ち悪いんですよ、ストーカーっぽいというか。

「遠いね、まあ距離は関係ないか」の部分。

ネガティブだし、遠さを強調した上で「関係ない」とか言うセンスがやばいです。(悪い意味で)

だから、とことん気持ち悪いにおいを消す必要があって。

「清潔感のある人が好き」って女性言うじゃないですか、それと同様「清潔感のあるメッセージ」を心がけましょう。


会うための理由は男がつくれ


そしてメッセージのやりとりの目的は、
・相手と会うため
ということを忘れてはいけません。

メッセージだけじゃ判断不可能、実際に会わないと本当のところはわからない…と女性もわかっています。

しかし会うための理由、言い訳は男がつくらないと。

そのため、メッセージで最後の一押しは男性がお膳立てする必要があるわけです。

女性は理由がないと動きません。

そこで真面目な男が考える理由は高尚なものになるわけですが、理由なんてテキトーでOKなんですよ。

「みたい映画があるから行こう」でOK。

それをくどくど女性に「あなたが僕に会うべき理由」みたいに説得に入るとアポれないので気を付けましょう。

さて、次回は実際にペアーズで会った後のことを解説していきまっせ。

ペアーズで会った後、連絡なくなるのは男に魅力がないから

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す