ドキュメンタルがDVD化!笑ってはいけないよりも面白い

ドキュメンタルのシーズン1が、1月31日にDVD化されることが決定しました。

ブルーレイもでますし、アマゾン限定でオリジナルTシャツもついてくるようです。


DVDが4104円(プライム会員は3053円)

限定DVD(オリジナルTシャツ付き)は7344円

ブルーレイが4860円(プライム会員は3615円)

限定ブルーレイ(オリジナルTシャツ付き)は8100円


Amazonプライム限定でしたが、DVD化することでさらに人気が出そうですね。

プライム会員ならば1000円以上安くなるので、30日間無料お試しで入会して購入した方がお得ですね。

でもまあ、プライム会員ならドキュメンタルを見放題なので、DVDよりもプライム会員になってシーズン1~4を観た方がいいと感じています。

ドキュメンタルを無料でみてみる
この作品、今のところはコアなお笑い好きの人が見ている印象です。

また情報が入り次第更新していきます。

ドキュメンタル 【シーズン1】




笑ってはいけない、すべらない話との違い


松ちゃんの作品ですべらない話や笑ってはいけないシリーズがありますが、これらの作品と比較されることが多いようですね。

まず出演する芸人は100万円を用意してから挑むので、笑ってはいけないよりもガチンコです。

また3回笑ったらアウトになるので、本気で笑わないようにするのですが、これが芸人を困惑させる空気を生み出しています。

なぜなら、芸がすべっているかどうかわからないからです。

そしてその混沌とした空気の中、客観的にみることで「つまらないことが逆に面白く感じる」というまさにカオスな状態になるところが見どころです。

笑ってはいけないとすべらない話が完成された笑いであるならば、こちらは未完成でガチンコといった印象。

その分、芸人の本来の力が試されるといってもいいでしょう。

「笑ってはいけない」という究極の緊張の状態が緩和する瞬間は、まさにエクスタシーであり開放感がありますね。


面白い人間になるためには


面白い人間になるためには、ドキュメンタルは絶対に観た方が良いと断言できます。

なぜなら、近年のバラエティ番組などは規制が多く、別にそれがダメというわけではないですけど、予定調和で生ぬるいものが多いです。

放送コードもないネットで、さらにお笑いのプロが相手を笑わそうとするアドリブにこそ、学ぶものがあると思います。

そしてその笑いは、日常にも生きるのです。

テレビでの笑いは、最大公約数の笑いですが、その最大公約数にウケるために技を磨いた芸人たちが、同業者をどう笑わせようとするのか?興味ないですか?笑

俺はありますよ。

結局、日常はアドリブなわけで。

選びすぐりのお笑い芸人がどうやってアドリブをかましていくのか?非常に参考になる部分がありますし、なによりみてて面白いので。


人を選ぶ作品


松ちゃんが以前「一番つまらない人間が、一番面白い」と言っていましたが、お笑い感度の高い人は笑いに対する見方が広いわけです。

つまらなすぎて、逆に面白い…というような現象も起きるわけですね。

ドキュメンタルは、どちらかというとシュールというか、人を選ぶ作品だと思います。

ポップでわかりやすいお笑いが好きなのであれば、おそらく「何が面白いの?」と思う場面も多いでしょう。

そういう意味で、好き嫌いが分かれる作品だなと。

やっているボケ自体を面白いと思うかどうかというよりも、全体の空気感やその背景などを含めてのおかしみがすごいです。

松ちゃんが実験といっていたように、この作品はまだ発展途上なので、これからが非常に楽しみな番組ですね。

まずは、プライム会員は30日間無料なので、みてみることをオススメします。

ドキュメンタルを無料でみてみる

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す