好きな女に好かれる方法「むしろ嫌われろ」

どうでもいい女にはなぜか好かれるけど、好きな女に好かれない…。

ブスには好かれるけど、綺麗な女性とはうまく話せず、結局ヤれない…。

そんなおちんちんどもが多いようです。

俺もこの好かれる方法を知らないせいで、好きになった女性に冷たくされ、昔は連絡先すらできませんでした。

しかし、あるコツさえ掴んでしまえば、好きな女に好かれるのは簡単です。

それを今回はお伝えします。

実際に俺自身もこの法則を知ってから、好きな女とも緊張せずに話せるようになり、女性に関する悩みがなくなりました。


好きな女に好かれるには、嫌いになれ


結論からいうと、好きな女に好かれるためには、その女性の価値を捨てることから始めなければなりません。

「いやいや、その女性に魅力を感じているから好きなんだろうが!」と思うかもしれませんが、まあ、実際そうなんですけど、そのままのマインドだとうまくいきません。

なぜかというと、女性は強い男が好きだからです。

男性は綺麗な女性や、好きな女性に対してはどうしても甘くなってしまい、その好意に女性はかなり敏感です。

するとどうなるかというと、「この男性は私になびくな」と思い、興味を失うのです。

心当たりありませんか?

恋愛というのはシーソーみたいなもので、片方の気持ちが重くなればなるほど、片方は軽くなるのです。


「思い続ければ恋は実る!一球入魂!」的な根性論ではないのです。

だからあなたがもし、好きでもない相手やブスに好かれることが多く、本当に深い関係になりたい女性と距離を縮めらないのであれば、まずは女性の価値を平均化する必要があります。

つまり、ブスだろうがババアだろうが可愛かろうが、対等に扱うのです。

そうすることで、平常心を保つことが出来て、女性から好かれる土台が出来上がります。


恋愛は好きになった方が負け


別に恋愛に勝ちも負けもないと思うのですが、実際に好きになった方が主導権は握られやすいです。

交渉でもそうですよね。

執着心が強い方が、条件をのむわけです。

「これでダメなら、なかったことに」
「いやいや、ちょっと待ってくださいよ…」
となりますからね。

好きな思いの強さこそが恋愛成就のカギだ!とか思ってる奴が、ストーカーになるのです。

だから、女性に価値をおくのはやめましょう。

「そうはいってもなあ、好きだしなあ…」
と思う気持ちもわかります。

まあ、俺もそうだし笑

どうしても可愛い女の子や、好きな女の子だと緊張したり、余計な力みが入りますよね。

そこで、使えるテクニックを2つお伝えします。


他の女のケツを追う


これが好きな女にモテるための、最も合理的な方法です。

一般的には一途に一人の女を追う方がモテそうですけど、まあ幻想ですね。

実際には他の女とヤればヤるほど、好きな女に好かれる確率は高くなります。

なにもヤリチンになれ!というわけではなく、(別にそれでもいいんですがw)女に余裕をもつためには、複数の女性を掌で転がして「女なんていくらでもいる」という精神状態になるのが一番です。

野球で考えると、
「この球は絶対に打たないと!」と力むよりも、
「まあ、いくらでも打っていいんだから、気軽にやるかー」ぐらいがベストでしょう。

実際に女性にアプローチする際、最も重要なのは
・いつもの力が出せること
なのです。

結局、自分の力以上の結果は出ません。

タイミングや相性もありますけど、ほとんどの男性は好きな女性だからと言って必要以上にはりきり、空回りして自爆している状態がほとんどですね。

だから、フラットに、あくまで自然体でいくのがいいのです。

そのためには、常に女のケツを追っているのが一番。

出会いがないのであれば、俺がこのサイトで紹介している出会い系アプリにでも登録してみてください。

そうすれば、疑似ハーレムの完成です。

それとセックスしていると、なんらのオーラが出てきます。

これは俺の体験なのですが、セフレが出来た瞬間に、他の女性からもモテるようになるのです。

逆にそういった女性に関する活動をしていない時は、あまり女性にモテません。

不思議ですが、ヤればヤるほどモテるようになり、ヤらないとモテなくなるのです。

これは色んな理論で説明できるのですが、結局自分で体感するのが一番です。

あ、っていっても、風俗とかでセックスするのは無しですよ。

あくまで自力でセックスしてください。


相手に投資をするのではなく、自分に投資しろ


モテない男の典型的な例としては、相手にのめりこみ、やたらと媚びるわけです。

俺はこういう行為を、倒産するかもしれない会社に投資するようなものだと思っています。

だったら、自分に投資しましょう。

ひたすら刃を研ぐのです。

またそういう男を、女性は「カッコイイ」と思うのです。

特に綺麗な女性になればなるほど、いやになるくらい男からのアプローチを受けています。

それはなにも直接的な好意などではなく、ちょっとした普段の会話であったり、時には目線などで感じるわけです。

「あ、この人なんか私のことみてるな」と。

特に綺麗な女性になればなるほど、そのことに自覚的なので、逆にそういったルックスになびかない男がいると本質的な強さを感じるわけですね。

ほとんどの男性が報われない投資をしている間に、あなたはひたすら自分に投資しましょう。

そうすれば、女の方から寄ってきます。

まあ寄ってくるといっても、「飲み連れてってくださいよー」みたいなことは滅多に言われないので、ある程度男から誘うことになるんですけどね。

ほとんどのチンカスみたいな男と反対のことをしていれば、いいわけです。


好かれる前に、興味をもってもらうことが重要


よくある好かれる方法としては、共通点をみつけてそれを基軸に話を展開して距離を縮めましょう。

それはもちろんそうなんですが、人間とは不思議なもので、辛いものを食べたら甘いものを食べたくなるし、支配したいと思いながら支配されたいとも思っている…よくわからない矛盾を抱えています。

ですので、優しさだけではダメですし、厳しさだけでも近寄りがたい人になってしまうわけです。

その中で、多くの男性に欠けている要素があります。

それは、興味性です。

男は、興味深い男じゃないといけません。

ただ話していて安心感があるだけでも、友達止まりです。

女性は男性に興味や刺激を求めているのです。

なぜそう言い切れるのか?

女性からモテる男性には、2種類います。

一つは安心感があり、誠実性がある男。

これは結婚に向いています。

そしてもう一つは、刺激的で興味深い男。

こちらはセックス、あるいは恋人に向いています。

もちろん両方あればいいのですが、とりあえず好かれる、そしてその先にあるものを考えてください。

セックスでしょう。

セックスするためには、安心感や誠実性がある男だと難しくなるわけです。

圧倒的に刺激的な男の方がセックスしやすいですし、結婚したいのであればその後に誠実や安心感を女性に与えればいいのです。

というか、結婚を意識している時点で誠実ですけどね。

ほとんどの男性はなぜか、この誠実性の方のアプローチを重点的に行ってしまうのです。

いやいや、重いでしょう。

「僕はこんなに誠実なんだよ、一途なんだよ」
と言われても、ねえ。笑

結婚を意識している女性ならいいですけど、たいていのキレイな女性は相手なんていくらでもいるわけなので、こういった誠実性をウリにしたアプローチは通用しないです。(まじで)

なので、興味性を重視したアプローチが有効なわけですね。


興味性のある男になるためには


さて、ここからはいかに興味性のある男になるか?ということなんですが、ここで裏技があります。

それは、そのままの自分を素で出しちゃう、という戦略です。

どういうことかというと、男は女性の前でどこかで絶対にかっこつけています。

しかし、そういったものを捨てるのです。

自然体で、思ったことを言えばいい。

十分ユニークです。

本来人は十人十色、全員違うわけですが、どこかで枠を作ったり人目を気にして常識人ぶるわけです。

そういったものを取っ払った時に、その人らしさが出てくるのです。

その刺々しさ、狂気が女性を惹きつけるわけです。

…が、ここで一点注意点。

女性の価値観を認識し、出す狂気と出さない狂気をコントロールしましょう。

例えば、
・風俗が大好きで毎回アナルセックスしながら、女のつばを飲むのが趣味
という男がいたとして、それは言っちゃダメでしょう。笑

なので、女性の価値観なども考慮して、自分自身のらしさを出していきましょう。

大多数の男の戦略は、
・共感して媚びる
・かっこつけていいこと言う
の2つだけなんで、その逆をいけばいいわけです。

・人として尊重はするし共感はするけど、媚びない
・自然体で狂気を出す(ただし、相手の価値観に反することは言わない)
こんな感じで好きな女性に接していれば、好かれる可能性はぐんと高まります。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す