岡田尚也の顔はイケメンなのか?

ナンパで1000人以上の女性を抱いている岡田尚也の顔はイケメンなのか?

気になりますよね。

本人は「自分はイケメンではない」とTAVで言っていましたね。

身長は170ないと言っていました。

岡田尚也の【恋愛革命】



この動画でも、雰囲気は伝わると思います。

TAVでナンパしているのが、高身長でモデル体型の女性ということなので、本当に身長が170なくて非イケメンでもナンパできるの!?と不安に思う方もいるかもしれませんね。


女性は一瞬でアリかナシか判断しているという現実


男性のあなたなら分かると思いますが、綺麗な女性が目の前にいると「おっ」と反応しますよね。

しかし、実は女性もそれは同じなのです。

人間というのは残酷なもので、一瞬で人を「アリ」か「ナシ」かで判断しています。

「じゃあイケメンじゃないと、ナンパもダメなんじゃないのか?」という疑問が出てくるわけですが、ここで大切なのはナシにならないということです。

つまり、女性があなたを見たときにナシにさえ入らなければ、次のステップにいけるわけです。

岡田尚也さんの顔を見たことはありませんが、ナンパの音声で圧倒的な魅力を放っているのは、彼自身がイケメンでなくても、雰囲気がお洒落であり男としての魅力を放っているからなんですね。

つまり、顔はイケメンではなくても服装などの身だしなみで女性の「ナシ」にならずに会話を展開すれば、イケメンじゃなくてもOKなわけです。

逆にイケメンであっても、そのあとの会話がつまらなければセックスまでいけないでしょう。


恋愛をフェーズで考えてみる


恋愛のSVR理論というものがあるんですが、これが非常に興味深いです。


下の順に女性が恋におちていくわけですが、第一フェーズが刺激になります。

ここで女性は男性をアリかナシかのふるいにかけます。

そして面白いのが、仮にルックスがアリだとしても、このフェーズ名が刺激であり、+αが必要だということですね。

これが女性の言う「ドキドキする」みたいな表現になるのだと思いますが、男らしさであるとか、「自分をもっている」という感じですかね。

これは男としての本質的な魅力という意味でもあります。

詳しくは、下記の記事でかきましたのでご覧下さい。

ナンパの仕方は2種類しかない

まあ何が言いたいかというと、「イケメンじゃなくてもOK」ということです。

まあ、俺もイケメンじゃないというのもありますが。笑


ただしイケメンに限るの嘘


よく、こういう表現がありますね。

ナンパはOK、ただしイケメンに限る…みたいな。

しかしイケメンかどうかというのは生まれ持ったものであり、身長などもそうですが、変えれるものではありません。

こういった変えれないものに原因を求めることで、人は安心する習性がありますね。

「だって~だから」と言い訳をして、本当のところは責任をおいたくないだけなのです。

コミュニケーションや、服装や体型などは自分次第で変えれるわけなので、そこを改善していけばナンパをすることは十分可能なわけです。

なので、「ただしイケメンに限る」という言葉は言い訳ですね。

「ナンパはOK、ただし最低限の身だしなみをして、コミュニケーション能力が高い奴に限る」という表現に変えれば、いいと思います。

恋愛に顔がイケメンかどうかは関係ありません。

最低限の身だしなみとコミュニケーション力をもち、女性に刺激を与えていきましょう。

岡田尚也はやらせなのか?

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す