出会い系のメッセージのやりとりは超簡単

出会い系でメッセージが続かなかったり、既読無視される場合、「どうやったら女性と会えるんだ?と疑心暗鬼になります。

しかし実は、
・女性に送ってはいけないメッセージ
を送っているため、返信がこないケースがほとんどです。

実は出会い系アプリで出会う(ヤる)ためには、「送ってはいけないメッセージ」を知り、その地雷をふまないだけで出会えるのです。

考え方としては、加点方式というよりは減点方式というイメージでしょうか。

体臭を香水で誤魔化すのではなく、まず清潔に臭いをなくそうぜ、ということです。


送ってはいけないメッセージの例



人間は言い訳する生き物です。

本当は出会い系アプリに登録するわけなので、女性も頭の中では「セックス」を考えていますが、それを直球でいくとなると難しいです。

よほどプロフィールや写真を工夫すれば別ですが、そうでなければ普通のやりとりを心がけるべきです。

しかし、こういった直球のメッセージを送っている男は意外に多いです。

初対面でいきなり一言目に「ヤろうよ」とはいいませんよね?

それと一緒で、ネットだからこそ気を付けるべきです。

逆に言えば、こんな男ばかりだからこそ、普通のメッセージで出会えるわけですね。


このメッセージなんか、写真も設定していないですね。

女性側から考えて、どんな人かも全然わからないのに、「セフレになりませんか?」と言われて「はい」と答えるでしょうか?

イラっとするだけです。

しかし、なぜかほとんどの男性は顔が見えないと強気になるようで、このようなメッセージを送ってしまいます。

金輪際、こういうメッセージはやめましょう。


ガチでヤれるメッセージのやりとりとは?


さて、次は俺の性交事例を載せていきます。


まずはゆるい挨拶から。

なんてことはない、普通のメッセージですね。

相手からの質問に対して、答えています。

そして、今度は俺から質問しています。

なるべく相手に負担をかけないよう、質問するイメージですね。


さらに食いつきがいいので、相手の男事情についても質問しています。

基本的に出会い系アプリに登録しているわけですから、女性はエロいです。笑

ただ、それを「セックスしようよ」と直接言ったら野暮なわけで。

「最近の恋愛はどう?」程度に聞くのが、スマートですね。

根本的に聞いていることというか、方向性は異性の男女会話なのですが、「セックスしようよ」と「最近の恋愛事情はどう?」だと、結果はまるで違うものになるわけですね。

モテない男はいきなり先走ってイっちゃうわけです、結果ヤれないと。


ここで軽めにオファーをかけています。

相手が「眠い」というフレーズを多用しているので、散歩と。

これはテクニックですが、女性は理由があると会う言い訳にしやすいです。

メッセージをしている時点でこちらに興味はあるわけですから、あとはどういう理由で会うのか?ということだけなんですよ、極端にいえばですが。

そこでフィーリングを合わせつつ、理由をつけて誘えばついてくるんですね。


ここで相手の反応がOKだったので、正式にオファーをしています。


さて、相手から日にちの打診がありました。

これは確実にイケる流れですね。

この流れを身体に染み込ませることが、出会い系アプリに必須です。

「ああ、こんな感じでするっと出会えるんだな」ということがわかれば、あとは自身で再現するだけなので。

といっても、そんなに難しいことではありません。

誘おう誘おうと力むよりも、どちらかというと、いかに脱力するか?というイメージです。



普通にメッセージをしているだけで、女性から「今日どうですか?」と誘われるようになります。

他の男が「セフレになってよ」みたいなメッセージをしている中、俺は普通にメッセージしているだけです。笑

アピールする必要もないので、こんな感じでゆるくいって、女性と普通にセックスしています。

この女性もカラオケ⇒ホテルの流れでセックスしていますので、メッセージ内にセクシャルな話は一切なくていいのです。

出会い系アプリ内での会話は、とにかく普通にやりとりして、会う理由をつければいいだけなのです。


会って口説くという発想


まとめると、出会えない男性はメッセージでヤろうとして逃げられ、出会える男性は実際に会ってからアプローチする…ということです。

出会い系アプリだからこそ、そのアプリ内では口説かないわけです。

口説くの、我慢しましょう。笑

そして、会ってしまえばあとはヤるだけなので、なんだかんだアプリに登録しているわけですからね、その辺は女性も分かっているわけです。

スタバでコーヒー飲んで終わるわけないです。笑

でもそれを出会った時点で言うのは野暮というもの。

「スタバ行ってから、ホテル行こうよ!」とか言っちゃダメなわけですね。笑

女性は言い訳したい生き物なので、「なんとなく楽しそうだからスタバ行ったけど、その後の彼が強引だったから…」みたいな結果的にホテルへ行ってしまった…という流れの方が都合がいいわけです。

そういう女性心理をわかれば、決して最初から「セフレになろうよ、楽しもうよ」なんて台詞は出てこないわけです。

「結果的に、ヤっちゃった」というのがいいわけですね。

メッセージも、そういったことを念頭に女性とやりとりをしている男性はほとんどいません。

だからこそ、その女心がわかれば出会い系アプリでセックスするというのは、イージーゲームです。

ヤったりましょう。

PS

「最もセフレを作りやすいアプリは何ですか?」という質問が最近多いので、答えます。

ハッピーメールです。

20代前半でパパ活に興味があるけど、どうなんだろう…みたいな微妙な心境の女の子が多いですね。(おそらく、このアプリ自体が女性誌に広告を打っている影響かなと思います)

こういう女性は、口説きやすいです。

あるいは、30代の暇を持て余した人妻。

どちらにしても、狙い目なので登録してとりあえずアプローチしてみてください。

今すぐハッピーメールでセフレを探す