タップルでセフレを作るのは簡単だった

タップルでセフレを作るのは可能なのか?

結論からいうと、可能です。

というか、これほどカジュアルにセフレを作りやすいアプリはないでしょう。

年齢層は若いですが、最近はゆるいパパ活女性もいるくらいです。


タップルでセフレを作るために必要なこと


AbemaTVで「アプリで恋して何が悪い」というアプリで恋をするというドキュメンタリー(?)番組がスタートしたこともあり、話題沸騰のタップル。



「アプリで恋愛する」というのは、もう普通になっていますが、そういった流れでセフレもだいぶカジュアルな感じになってきてますよね。

俺の中ではセフレは普通のことなんですが、まだ一般人に浸透していないのが悔しいですわw

さて、タップルでセフレを作る際に必要なのは
・セックスをカジュアルにとらえる
という気持ちだけです。

この番組でも女の子が言っていましたが「大学4年にもなって男性と手をつないだこともない」とあせっているわけです。

これ、よく考えればあせる必要もないわけですよ。

周りがそうだから、自分もしなくちゃ!みたいな同調圧力なだけですから。

しかし、女性は輪を大事にし周りに感化されやすいので、若い女性でもセックス経験を気にする女性は多いです。

そういった女性に対して丁寧に扱いすぎるとヤれません。

それよりも、軽くアプローチした方がヤりやすくセフレ化しやすいのが現実なんですね。


セフレを作る3つの壁とは?
・マッチしない
・メッセージでアポがとれない
・会ってもヤれない

まあこの3つの難問が待ち構えているわけですが、コツを知ればヒョイっと解決できることでしょう。

セックスできない人の特徴として、問題を大雑把に捉えていることが挙げられます。

まずマッチしていないから悩んでいるのか、ある程度マッチして女性とやりとりはするが会えなくて悩んでいるのか、会ってもセックス出来ずに悩んでいるのか…ひとつずつ細分化することで、セフレを作る確率を上げていくわけですね。

それでは、いってみましょう。


プロフィールはふざけること


真面目にふざける重要性

セフレ作りにおいて大事なことは、まず「誠実で真面目で恋人探しに真剣な男」ではないと思わせることです。笑

適当でアウトローで面白い男がセフレに向いているわけですね。

女性の頭の中の引き出しには、色々な男の引き出しがあります。

そこでセフレという引き出しにいるのは、元カレか変な男です。笑

間違っても、重そうな真面目な男がセフレの引き出しに入っていることはないでしょう。


アピールポイントを有効活用せよ


タップルには、良い機能があります。

それはアピールポイントを決めれるということ。

さらに選択式なので、自分で考える必要がないという。

ここで「すべらない話、持ってます。」とかはいいですね。

プロフィールでも、「すべらない話があるので、興味ある人に聞かせたいです!w」みたいにかいておけば、セフレ属性の女性は食いついてくるでしょう。

わかりますかね?

こちらから選ぶんですよ、「なんか刺激ないな、面白い男いないかな」という女性を。

「ちょっとスゴイ資格もってます!」なんかも、占いの資格あるんで、占ってほしい人はぜひ!みたいにかいておけばいいんですよ。

実際に会ったらどうするかって?適当に占うのもいいですし、「もうちょっと喋ってから」とでも言って誤魔化しましょうw


大切なのは会う口実


すべらない話だの占いだの、そんな適当に誘っていいの?と思うかもしれませんが、いいんです。

真面目な男とヤれる男の決定的な違いは、女心の理解の不足。

女性は本当にすべらない話や占いが聞きたいのではなく、会う口実や楽しい時間が欲しいのです。

だから、実際にそれが本当かどうかなどは考えないようにしましょう。

ビジネスとは違います。

真面目な男はそこを履き違えて、一生懸命女性の役に立とうとするのですが、それでは都合良く使われて終わりです。

労多く益少なし。

そうではなく、面白いフレーズやアピールポイントなどを有効活用して、うまく女性と会うための伏線を張っておくのです。


アピールポイントの例


他にも、「人に幸せを届ける仕事をしています」だったら、「あなたにも幸せを届けたいので、幸せになりたい人はぜひ声かけてください~w」なんかどうでしょうね。

あとは、「いま流行りの映画を見に行きましょう」だったら、「流行りの映画って何だろう?わかる人は左にスワイプしてください」的な。

このように、ユーモアのあるアピールポイントの活用をしていきましょう。

こんな感じであなたにあったフレーズは無限に考えることができますので、しっくりくるものを選んでアピールしていきましょう。


曜日、時間を指定して友達を探す


さらにターゲットを絞るのであれば、曜日や時間まで指定してしまう方法があります。

例えば平日仕事で土日休みの場合、「平日の20時くらいから一緒にごはん食べにいける友達や、土日休みなんでそこで気晴らしに飲みに行ける人を探してます!」とかいてしまいます。

こうすると、その条件にあった人がよってくると。

そして最後にアピールポイントにからめた文言を入れれば完璧ですね。

効率的にセフレを作るために、ある程度曜日や会う時間などの指定をしておいた方がいいですね。

無駄が省けます。


プロフィールから距離を縮める方法


さらに「堅い雰囲気は苦手なので、敬語抜きで喋りましょう~」なんてかいておけばOK。

いきなりタメ口の関係性の出来上がりです。

この辺、微妙なんですけど「堅い雰囲気は苦手だから、敬語抜きで喋ろう!」とタメ口でかくとちょっと不躾な印象かなと。

微妙なところなんですが、あえて敬語でタメ口の提案をすることで「本当はしっかりした人なんじゃないかな」とギャップを形成することができます。

しかし、キャラがたっていればその辺は関係ない気もしますけど、プロフィールは敬語で書いておく方が無難かなと感じてます。


メッセージ段階で匂わせる


さて、マッチしたら次はメッセージです。

この方法を使えば、マッチしている時点である程度準備は整っているというか、かなり女性をフィルタリングしてヤりやすい雰囲気になっています。

なのであとはどう流れに乗ってセックスまでもっていくか?ということですよね。

女性は特に「流れ」を意識するので、プロフィール文言にかいてあることをからめて会話するのが定石。

「すべらない話もってます」とアピールしたのであれば、「すべらない話はやくしたいなあ!」と送りましょう。

これはもう、会うこと前提の会話になりますよね。


いかにユーモアに誘うか?問題


モテない奴に限って、野暮なことを言います。

「欲求不満で、ムラムラしてます、セックスしませんか?」みたいな。

さすがにそこまでクソなメッセージはしてる人少ないと思いますけど、「セフレになってよ」みたいな。

これはNG。

結果的にセフレOKな女性でも、「いいよ」と返信する女性は皆無でしょう。

ではどうすればいいのか?

そこでユーモアの登場です。

「~とハイタッチしたい!w」みたいなフレーズをぶちこみます。

ハイタッチとか意味わかんないですけど、ノリです。

「手をつなぎたい」とかでもいいですね、なんでもいいんですけど、ちょっとエロい感じが理想。

「みたいドラマがあるから、~の部屋でみてもいい?」みたいな。

ユーモア+エロで攻めましょう。

普通の婚活している女性であれば軽く感じる言葉も、最初からフィルタリングしてそういうノリがOKな女性がきてるわけなので、その辺は軽くいってもアリなわけです。

逆にこれぐらいの角度で返信がなくなる女性は、別に放っておいてもいいです。

「とりあえず~の部屋掃除したいから、部屋行っていい?w」とガンガンいきましょう。

ガンガンいこうぜ!ですわ。


一日恋人ごっこの提案


さらにオススメは、恋人ごっこ。

恋愛の話をしていくのであれば、「じゃあさ、一日だけ俺が彼氏になってもいい?w」と提案しましょう。

「なにそれw」みたいな返答がくるので、そうなったらしめたもの。

その日一日は彼氏なので、好き放題やればいいんじゃないですか。(投げやり)

こういった話を会う前からすることで、セックスを確実なものにしていくと。


電話してドタキャンを防止せよ


さらに女性は気持ちでコロコロ変わるので、LINEなんかを聞いて電話をしておけば、さらにセックスへの道は強固なものとなります。

今まで視覚だけでやりとりしていたのを、聴覚も使うわけなので、よりあなたの存在が立体的になるわけですね。

電話することで多少思いも入るので、ドタキャンも防止できます。

しょせんアプリでやりとりした程度の男なので、女性も簡単に気分変わって待ち合わせすっぽかしたりするんですよ。

であるなら、こちらも手を打っておいた方がいいわけですね。

なので「この女性は逃したくないな」と感じたのであれば、会う前に電話しておくとセックス確率が上がる…ということを覚えておきましょう。


会ったらとりあえず女性の話をきけ


さて、実際にあってからの流れですが、女性はどう見られるのか?をすごい気にします。

逆に男性は自分をどう見せるか?にこだわるわけですけど、そういった余計な男のプライドは捨てましょう。

どうでもいいです。

そんなことより、女性はどう見られるかを気にする…ということなので、女性を主役に話を聞きます。

そしてセックスできる土台を作っていくのです。

仕事が忙しい⇒彼氏とか作っても微妙だよね⇒ストレス発散には映画かな⇒家行こうよ

まあこれは一例ですけど、こんな感じでストーリーを作っていくのです。

セックスまでの。

それが男主体だとこうなります。

俺すげえ⇒俺はこう⇒俺つええええ⇒ヤろうよ

意味わかんないですよね。笑

でも、意外とこういう男多いですよ。

自分をどう見せるか?はどうでもいいのです。

肝に銘じましょう。

セフレを作るためには、とにかく女性の話を聞いてストーリーを作っていくこと。

一緒にベッドまでのシナリオを描いていくイメージです。


恋人ごっご再び


さて、ここで先ほどの恋人ごっこも出していきます。

脳的には彼氏だろうが恋人ごっこだろうが関係ないので、「今から俺が彼氏だと思って接してみてよ」と女性に言いましょう。

そこから甘い雰囲気のスタート。

「当然セックスはするよね?」という雰囲気になれば、女性がどういう反応をしようが関係ありません。

「え、俺のこと嫌いになった?」と言えばいいわけですからね、彼氏なんで。

本当に女性が嫌がっている場合はそもそも恋人ごっこなんてやらないですし、それでもわからない方は女性の「恥じらい」に注目してください。

女性が恥じらっていたら、それはアリです。

女性が照れているというのは、本心はそうだけどYESとは言えない乙女心なのでその辺は理解しておきましょう。

しかし淡々と無表情でピリピリしていたらアウトなので、手を引きましょう。

まあ、会って恋人ごっこの提案してそんな雰囲気になることはまずないですけどね。


新機能おでかけをフル活用



ここで朗報です。

タップルの新機能「おでかけ」はご存知ですか?

女性がその日に募集をかけ、面倒なやりとり抜きに会えるシステムです。

これはめちゃくちゃ使えますよ。

5分で今日会う女性が確定するわけなので。

ついにマッチングアプリもこの領域になったかと、出会いがどんどんカジュアル化してきてますね。

おでかけは女性の投稿に男性が手を挙げる形のシステムなので、非常に合理的です。

「飲んだことのないお酒が飲みたい!」飲み行きましょうよ。


美味しいお肉?食べましょう。
景色が綺麗なところ?行きましょう。
ほろよく飲みたい気分?飲みましょう。

つくづく女性は理由が欲しい生き物だと思います。

本当にほろよく飲みたいのではなく、その裏を読まなくてはいけません。

「なんか退屈だな、刺激欲しいな、なんだかなあ」みたいなことをぼんやりと考えていて、タップルに選択肢を与えられて出てきたのが「ほろよく飲みたい気分♪」なんですね。

眼鏡を買いに来た人は眼鏡が欲しいのではなく、物を良く見たいということです。

この奥底の欲望に気付くことが出来れば、アポも容易でしょうね。

ほとんどの男性は、女性の言葉の裏にある真意をくみ取ることができません。

その裏を読みながらタップルの「おでかけ機能」を活用することで、セフレ作りは容易になるでしょうね。


まとめ


タップルは気軽なアプリなので、セフレを作るのに適しています。

しかしそこでもある程度コツは必要になるので、プロフィールの作り方やメッセージのコツ、会ってからの流れを説明してきました。

さらに最近ではおでかけ機能までついたので、即日アポが可能に。

ここまでして、セフレが出来ないのはありえないので、とりあえず行動しましょう。

色々なノウハウをお伝えしてきましたが、最後にそれをするのはあなた自身のメンタルなので、自分を信じて実行してみてください。

そうすれば、おでかけした後にぶっかけできるでしょう。