セカンド童貞問題を乗り越える唯一の答え

男の4割が「1年以内に素人とセックスしていない」らしい。

それをセカンド童貞というらしいが、これは問題だと。

「仕事が忙しい」
「お金がない」
「趣味が忙しい」
「女性と喋る自信が無い」
など、色々な理由があると思いますが、セカンド童貞を乗り越える答えは一つです。

それは、
・女性に多く出会うこと
です。

当たり前の話だと思いきや、新規で女性と喋る機会って、大人になってからほとんどないのではないでしょうか?

だから出会いを増やすのが唯一の答えなんですけど、その前に原因を解説していきます。


なぜセカンド童貞になるのか?


根本的な原因として、セカンド童貞になる理由は大きく分けて2つです。

・出会いが無い(外部的要因)
・自分変わってしまった(内部的要因)


こういった分解して考えることで、自分自身がなにをすればいいのか?わかってきますね。

セカンド童貞は、セックスの経験はあるわけですから童貞とは違うわけです。

しかし、過去セックスした時と全く同じ状況と言うのは考えづらいわけで。

セックスできていないのであれば、セックスできていない何らかの原因があります。

それをあぶり出していきましょう。


出会いがないケース(外部的要因)


これは仕事などが忙しくなるということもそうですし、なにより周りが結婚などして落ち着いてきた…というのも挙げられるかもしれません。

ちょっと飲んだら、「じゃあ次どこ行く?」みたいなノリも、既婚者がいると「ちょっと帰らないと…」とかなりますからね。

30代をすぎると、女性に対しての身軽さはやはり若いころに比べるとなくなってきます。

そうして出会いが少なくなり、気付いたらセックスしていなかった…ということはよくあるようです。

自分自身は変わっていないんだけど、周りが変わったということですね。

キャバクラで働いている男が、違う職業になったら「途端にモテなくなった」と言っていましたが、それは女性と接っする機会が少なくなったからです。

キャバクラで働いている時は、女性に囲まれているわけですよ。

それで手を出しちゃったりするわけですね。

普通に考えれば、ハーレム状態なわけです。

つまりこれは、実は外部的要因がいいからですね。

AV男優が仕事辞めたら「セックス最近してないなー」みたいな。笑

原理は一緒です。

つまり、職業や場所によっても、モテ度合いは変わってきます。

社会人になったら急にモテなくなった…というのも、こういった外部的要因が大きいでしょうね。


・自分が何によってセックスできているか?
ここを把握していないと、いざその要因がなくなった時に対応ができないのです。

意外とこれ、わかっていない人多いんですよ。

いかに女性と出会うことを習慣にしていくのか?というのがポイントになってきます。


自分が変わってしまった場合(内部的要因)


次に、自分自身が変わってしまうケースもあります。

実際に昔イケメンだったけど、太ってしまってモテなくなったとか。

大学でサークルのリーダーでモテていた男が、普通に就職したらモテなくなったとかね。

これは外部的要因も入っていますが、実際に自分自身の心持ちが変わってしまったことが挙げられます。

サークルのリーダーだった時は、少なくともその大学内ではブランドが通用するわけです。

しかしそこで就職し、普通の会社員になった途端に彼の心はリーダーではなくなってしまいます。

こういった自分自身のセルフイメージって、けっこうモテに影響しますよ。

社会的な立場は社会人の方が上なのに、なぜか大学のサークルのリーダーだった時の方が女にモテるわけです。

実際に人の価値なんてあやふやですから、自分自身がどういう心もちで自分自身を思っているか?というので、相手の反応は変わってきます。

細かいところでは、俺は若いころはナンパする時タメ口だったんですが、30代になってからは敬語です。

怖いんですよ、おじさんがタメ口でくるのって。

でも若ければタメ口でナンパもOK、みたいな。

この辺はキャラとかもあると思うんですが、やっぱり年齢によって自分自身のキャラクターも変化していくものです。

そういった変化をしないと、モテなくなるのは当然ですね。


さらに根深いプライドの問題


一番厄介なのが、昔モテていた経験のある人です。

中身はモテていた感触があるので、過去の成功(性交)体験にしがみついてしまうんですね。

これが一番危ないです。

謙虚に自分の現状を認識し、女性に対するアプローチも変えていかなければいけないです。

ダーウィンの「強さや賢さではなく、変化できる者が生き残る」という言葉を、思い出しましょう。

イケメンや口のうまさではなく、女性に合わせて変化できる男がモテるのです。

セカンド童貞に陥る男性は、総じてプライドが高い人が多いです。

過去モテていたので、「本気出せばヤれる」と思っているのですが、運動会ではりきって転ぶお父さんのごとく転倒するのです。

「あれ?若いころはこれでイケたのに」
みたいな。

虎視眈々と女性に合わせて調整できる奴が、最後にヤれるのです。


セカンド童貞脱却には、とにかく女と喋れ


ではこうした絶望的な状況を、どうしたら打開できるのか?

答えは先ほども言いましたけど、女性との接点をもちまくることです。

そうすれば自然に自分自身が女性に最適化され、こなれてきます。

俺がオススメするのはやはり出会い系アプリです。

とくに今は、出会い系アプリの敷居も低くなり、実は女性も積極的です。

20代の女性はもちろんそうですが、30代以降の女性が激熱。

モテなくなったのは男だけじゃないんですよ。

セカンドバージンの女性も多いです。

ということは、セカンドバージンの女性を手あたり次第狙っていけば、ヤれます。

「いや、こうして女性と話すのも久しぶりなんですよ」
「私もです」
という流れになれば、もうヤるしかないでしょ。

おすすめはPCMAXです。

今すぐ登録して、ヤりにイク

すきま時間でアプリをして、新規に女性と接点をもっていきましょう。

童貞じゃないので、ある程度自分自身の女とヤるイメージはあるはず。

そこで複数の女性と同時並行でアプローチしてけば、ある程度ヤり方が分かってくると思います。

その波に乗ってしまえば、あとはヤりたいときにヤるだけです。笑

年齢を重ねれば重ねるほど、女遊びをする男は減るので、逆にこういったアプリは登録した者勝ちなんですよ。笑

なんだかんだ、みんな登録すらしないですからね。

で、ヤりたいときにたまにキャバクラや相席居酒屋行っても、女慣れしていないのでゲームセット。

であれば、こういったアプリで定期的に女性と接点をもっておいて、セフレの一人や二人いる余裕な状態でオマケ程度に女と接した方が、結果的にセックスできる確率は高いです。

セカンド童貞問題は、とにかく新規の女性と出会うことで簡単に解決できるので、オススメですね。