女からLINEで返信が来なくなった!理由と対処法

ヤるぜ!と意気込む勘違いな男たちの現実

気になるあの子とLINEを交換し、さあヤるぜ!と気合いをいれてLINEをしたものの…まったく返信が返ってこない…そういう男性が多いようです。

あれ?俺なんか変なことしたかな?と考えればまだいい方で、実際には
「この女の子も忙しいんだろう、次いくぜ!」
と妙にポジティブな男もけっこういます。

最悪、
「俺のことを理解しないなんて馬鹿な女だ!」
と、女を批判する男もいますね。

では、なぜ女性はLINEを返信しなくなるのか?その理由を解説していきます。

その理由を知ることで、女性から返信がくるようになりますし、次に二人きりで会うことが可能となります。


なぜLINEの返信が来なくなるのか?


わずか5%の男しか知らない女性心理

なぜ女性から返信が来なくなるのか?というと、理由は2つです。

最初から
「この男はナシだな…」
と思われているパターン。

LINEをしていて、好意が筒抜けで魅力的だと女性が思わなかったパターン。

順に解説していきますね。


最初から会う気がない


女性からのナシ=死刑宣告

実は女性は、最初に男性を見た時にアリかナシかで無意識に判断しています。

まあこれは男のあなただったらわかると思うですけど、女性をルックスでみますよね?笑

それと一緒のことを、女性もしているということです。

「そんなことない!女性は男性の中身をみているし、心が一番重要なんだ!」
という男性は、下記の記事をみてください。(恋愛のフェーズという部分が重要です)

ナンパの仕方は2種類しかない

恋愛にはフェーズがあり、最初に見た目でナシに判断されると次の中身をみるフェーズにいかないんですね。

見た目がナシではない⇒中身をみよう!となるわけですね。

だから、イケメンの方が有利というのは、限りなくナシになる可能性が低いため、中身をみてもらえるということです。

逆に見た目がイマイチだと、中身をみてもらえません。

ちなみに職場や利害関係においては、この見た目はあまり関係なくなってくるため、強制的に同じ場所にいなければいけない職場なんかは、見た目があまり関係なくなります。


見た目ってなに?


イケメンかどうかは、実はセックスに全く関係なし

じゃあイケメンじゃないといけないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

人の見た目というのは様々な要素で構成されているので、顔が不細工だからといってナシになるわけではありません。
・顔つき
・姿勢
・体
・ファッション
・声のトーン
・髪型
などでその人のイメージが構成されるので、それらをひとつひとつ見直していくことで、雰囲気イケメンに近づくことが可能です。

要は、ナシにならなければいいわけですね。

例えば…パリッとスーツを着こなして、精悍な顔つきで姿勢もよい。

週末はジムで体を鍛えて、髪型もセットして、自信のある声で「おはよう」と挨拶してる男…。

どう考えても、ナシにはならないですよね、たとえこの男が顔が不細工でも。

もうなんか、中身も知りたくなるじゃないですか。

そんなイメージです。

逆にニヤニヤしながら猫背、ちょっと太っていてダサい。

髪がボサボサで裏返った声で「お、お、おはよう」と言ってくるイケメン。(顔は)

だめですね。

LINE交換を断るのも気まずいので女性もLINEを教えたと。

次に女性が考えることは
「あー、面倒なのに教えちゃったな、次はどうやって断ろう?」
ということです。


見限られた


好意をアピールしすぎてウザがられる男たちの現実

次に第一関門は突破し、女性に
「悪くはないかな」
と思われたと。

次に考えるべきはアポを切ること。

つまり女性と次回のデートにつなげることなのですが、ここで注意点があります。

それは何でもない関係の段階でLINEで口説こうとすると、嫌われてしまうという現実です。


LINEでは、減点方式という現実


自爆していく男たちの逆をイけ

多くの男はLINEは加点方式だと思い、ここぞとばかりに口説き始めます。

好意を伝え始めたり、
「おはよう、今日は何してるの?」
と恋人のようなメッセージを送ったり…。

しかし、女性の方は熱がないため、
「めんど」
と思っているわけです。

まあ普通に想像すればわかりますよね、別に好きでもない男から毎日LINEがきてもウザイだけです。

男の方は
「LINE交換=俺に気があるんじゃね?」
と考えがちですが、美人になればなるほど死ぬほど口説かれまくってるので、アプローチされるだけでウザイわけです。

なので、簡素なメッセージを心がけましょう。

イメージとしては、男におくるような感じです。

「そういえば前言ってたあれ、もうみた?」
みたいなね。

なので現実はほとんどの男性が自爆しているわけです。

LINEが加点方式だと思い、せめすぎちゃうので。

そこをクールに男友達に送る感じで女性と接するだけで、ブランディング完了なわけです。

「あれ、他のクソみたいな男と違う」
となるわけですね。


例外として、相手が自分に惚れてる場合


まあ例外として、女性がめちゃくちゃ男に惚れてると。

こういう場合は、LINEで口説くのはOKでしょうね。

ただその場合は女性からガンガン、メッセージがきますのでこちらから何か考える必要はないわけです。

「ん、じゃあいつ会う?」
でOK。

ヤりましょう。


返信が来なくなった時の対処法


さて、返信が来なくなったと。

ここでも2つの理由が考えられます。

・単純に忙しい。
・最初からナシと思われている

こういった理由ですが、順に説明していきます。


1ヵ月~半年おく


女性の環境、心境の変化を見極める

単純に忙しい場合は、時間を置くことが重要ですね。

例えば相手がなんかの試験で忙しいのであれば、その試験が終わるまで連絡しないとか。

その辺は相手の状況によるので、1ヵ月から半年ほどをみればいいでしょう。

おすすめ季節が変わるタイミングですね。

たとえば夏に出会った女性だったら、秋にメッセージを送るとか。

季節によって心境も変わるので、女性の反応も変わりやすいです。

また、年をまたいだりなんかのイベントがあったり、メッセージする理由があるといいですね。

犬を飼ったら、その写真を送ってみるとか、相手側に何かある場合は、それを会話の切り口に使ってもいいですよね。

好きな芸能人がいて、結婚したとかね。

こういう形で、何カ月時間をおいてメッセージすればいいのか?というのはその時によるのでわかりません。

ただ多くの男性がやってしまうのは、数日後に
「なにかあった?だいじょうぶ?いそがしいのかな?俺変なことした?」
みたいなクソメッセージです。

やめましょう。

女性は気のある男性にだったら、理由がなくてもメッセージするので、メッセージがこない時点でそんなに思いがないということです。

なので、ここで考えるのはいかに地雷を踏まずにアポにつなげるか?ということですね。


自分自身を成長させる


最初からナシに思われていて、返信がこない場合は、これはもう自分が成長するしかありません。

じゃあ成長ってなに?ってことなんですが、俺は綺麗ごと抜きで言いますが、
女遊びしろ!
ってことにつきます。

もちろん仕事を頑張って人間的魅力を高めたりするのも重要なんですが、女遊びしまくって女性に慣れることの方が女性と会える可能性は高まります。

そこで自分自身が成長し、ヤれる男になれば必然的に以前ナシと思われていた女性とも出会える可能性は高くなります。

なぜかわからないのですが、女性とセックスできるようになると、どんどん他の女性からもアプローチを受けるような、そんな現象が起きることがよくあります。

セックスできなかった時はとことんできないのですが、ヤれるようになるととことんヤれるようになるのです。

これは日ごろセックスをして、自分自身に自信がもて、オーラとして出ていたり、ある種の余裕のようなものがでてきたり、色々な理由があると思うんですが、結局俺が言えること「とにかくヤりまくれ」ということです。

ヤりまくっていれば、まあ女性からLINEが来なくなってもあまり気にすることはなくなります。

なぜなら、他の女性からは返信がきてセックスできているわけですからね。

モテない男性が
「女性からLINEの返信が来ない」
というのと、セックスしている男性が
「返信が来ない」
というのは、全く意味が違ってきます。

自分はセックスできているという心の余裕が、良いサイクル(次のセックス)を生むようになるんですね。

俺のオススメは出会い系アプリなので、女性とヤりまくりたいと思った時は、登録してみてください。

そこで経験をつみ、好きな女の子にチャレンジするのが最も合理的です。

好きな女性や振り向かせたい女性がいる場合、とりあえず他の女と遊びながら自分の攻める時を虎視眈々と待つのです。

そのために、出会い系アプリを活用するというのもアリですね。

実際ヤれすぎて、「女とかどうでもいいや」みたいになる可能性もありますが。笑